映画を見ました

 2014年
超高速!参勤交代
本木克英:監督 佐々木蔵之介 伊原剛志 深田恭子 西村雅彦

 参勤交代から戻ってきたばかりの湯長谷藩に、再び5日内に参勤交代せよの命が下る。これを拒否すれば藩はおとりつぶしになる。
すでに歳費は使い果たし、人も金も時間もない。藩主の内藤政醇はこの怒りを直接ぶつけようと参上を決意する。
 6人の家来を伴い、道案内に雇った忍者を頼りに山中を駆け抜け、野宿をしながら江戸に向かう。途中、萩宿と取手宿では参勤交代行列を見せなければならない。そのほかは幕府の目が届かない。
一人が先回りし、萩宿で人足を雇い急ごしらえの行列を作る。そして山越えをし、牛久宿で落ち合う約束で藩主と家来は分かれる。
しかし、家来たちは何者かに襲われ、川に身を投げて流され牛久宿を通り過ぎてしまった。時間もない。取手宿に向かう。殿がいない。行列は隣藩の内藤が参勤交代から戻ってくるところに出くわす。行列は湯長谷藩に化け無事取手宿を通り過ぎる。
 次に参勤交代の行列が通るという。困った湯長谷藩は、皆がふんどしひとつになり飛脚に化ける。飛脚は参勤交代の列を通り過ぎてもよい。江戸でやっと藩主と家来は落ち合う。暮れ六つの鐘が鳴る。登城の刻が終わるころに湯長谷藩は江戸城に入ることができた。 2014年7月上映
春を背負って
木村大作:監督  松山ケンイチ 蒼井優 豊川悦司 檀ふみ

 山小屋を経営する父の死で、急遽仕事をやめて立山で父のあとを継ぐ決意する亨。亨は東京でトレーダーとして60億の金を動かす仕事をしていた。最近、担当する箇所で損失を出し落ち込んでいた。
 母はふもとで民宿をしていた。葬儀には父の仲間たちが集まって行われた。父が多くの人に慕われていたのを知る。
 父を手伝っていた若い女性の愛も亨の山小屋を継ぐ決意に喜ぶ。重い荷物を担いで山を登る亨。荷物を運ぶ男の背には亨の山小屋の荷があった。男は父の知人悟郎だった。悟郎は亨の父勇夫に夢枕で頼まれたという。
 亨、愛、悟郎の三人で山小屋を開く。愛の料理は父のいたころから美味しいと評判だった。愛は両親をなくし失意のうちに山に登っていた。豪雨の中を父に助けられたという。以来、山小屋にいついていた。愛は明るく働き者だった。
 山小屋にはハイカーたちがやってくる。ふもとから遭難の恐れのある登山者の捜索依頼もある。天候が悪いのに先に進もうとする登山者。案の定滑落し、足を痛めて動けなくなっていた。亨や愛が助ける。悟郎も心筋梗塞で倒れる。亨は父のような悟郎を背負って山を降りる。ちょうど山に来ていた亨の友人と愛も手伝って下山する。悟郎は山に登れるほどに快復した。2014年7月上映
そして父になる
是枝裕和:監督 福山雅治 尾野真千子 真木よう子 りりー・フランキー

 前橋の病院から呼び出しの電話を受けた。前橋は妻の郷里の近くの病院で息子を出産したところだ。息子が同じころに生まれた子供と取り違えが会ったという。すでに子供は6歳になっている。春には小学校だ。
 病院の仲介で双方の親が対面する。そして、この2家族の交流が始まる。
野々宮良多とみどりの間には慶多が、斎木夫妻には琉星がいる。野々宮は東京の高層マンションに住み、斎木は前橋で電気店をしていた。慶多はひとりっこだが、琉星には妹と弟がいて、いつも父と兄弟たちと一緒に風呂に入る。
 ふた家族は休みごとに集まり交流する。そして、子供を交換して自宅に泊まらせる。慶多には「ミッションだ」といい耐えさせる。何度か会ううちに相手の子供だった実子がかわいく思えてくる。仕事人間だった良多は、徐々に子供に接する努力をしていく。琉星が「家に帰りたい」という。良多は琉星をつれ、前橋に車を走らせる。自分も無性に慶多に会いたい。 2014年DVD発売
 2012年
カラスの親指
伊藤匡史:監督  阿部寛 村上ショージ 石原さとみ 能年玲奈 小柳友

詐欺師の武沢はひょんなことから入川鉄巳というマヌケそうな詐欺師と知り合い一緒に住み始める。タケさん、テツさんと呼びあう。2人が住むアパートが火事に合い、身の危険を感じた二人は逃げる。足立区に一軒家を借りた。上野で若い女の子がスリをするところを目撃する。二人は女の子をかばう。行くところがないというまひろを一緒に住んでもよいと武沢が言う。武沢にはこの子ぐらいの娘をなくしていた。翌日、まひろは姉のやひろと姉の恋人の貫太をつれてやってくる。
5人で住めなくもないと武沢が言い、同居生活が始まる。まひろは料理上手だが、やひろは何も出来ない。用心棒の彼氏は機械いじりが得意だった。
 武沢は昔、闇金融で取立てに行き、幼い子がいる母親を自殺させていた。自責の念からその子どもにずっと送金をしていた。武沢は書類を警察に持ち込みヒグチの会社を解散させ、ヒグチも捕まる。武沢は出所したであろうヒグチからの報復におびえていた。武沢から昔の話を聞いたテツさんは武沢が恐れるヒグチを狙おうと持ちかける。ヒグチの事務所のあるビルに潜入し、まんまと金庫の金を持ち逃げする。5人でその金を山分けし、それぞれが別々に暮し始める。武沢はこの生活がうまく行き過ぎていると、テツさんと関わった人を訪ねる。テツは余命1年といわれ入院していた。昔捨てた家族を探し、武沢のことも知った。テツは武沢よりもベテランの詐欺師だったのだ。
2012年11月上映
北のカナリアたち
坂本順治:監督 吉永小百合 森山未来 満島ひかり 勝地涼 宮崎あおい 小池栄子 松田龍平 

 はるは父の住む北海道の分校へ新しく教師として赴任してきた。夫も一緒である。分校では6人の子どもたちがいた。子どもたちは歌がうまいことを知り、はるは子どもたちに合唱を指導した。コンクールに出ようと意気込んでいたが、独唱をする女の子の声が突然でなくなった。元気づけようとバーベキュー大会を開く。その最中に夫に言われてその場を離れたはる。女の子の一人が海に落ちる。助けようとしたはるの夫は女の子を助けた後、水死する。このことがきっかけで、はるは島を離れる。20年後、はるの元に信人が勤務先の親方を殺して逃げていると警察が来る。はるは急遽、子どもたち一人ひとりに会いに行く。子どもたちはあの事件を自分の責任だとそれぞれが悩みながら生きていた。あの時、はるは男と会っていた。それを村で言いふらした子。母親のように慕っていた男の子は裏切られたと思い、女の子が自殺しようとしたとしたきっかけを作った男の子も悩んでいた。独唱を代わってと言った子も自分のせいだと思っていた。
再び北海道の分校の教室に集まる子どもたち。 2912年11月上映
最強のふたり
エリック・トレダノ&オリヴィエ・ナカシュ:監督(2名)
フランソワ・クリュゼ  オーマル・シー 

 大富豪のフィリップは事故で首から下が麻痺して動かない。妻も失い、今は自宅で身の回りの世話をする数人の使用人と共に自宅で過ごしている。
 フィリップの介護人の応募に多くの人が集まる。その中に黒人青年のドリスがいた。彼は不採用通知をもらって失業保険を申請するつもりだった。「明日用意しておく」というフィリップの言葉に、翌日ドリスが訪問すると家の中を案内された。彼の部屋は風呂付の豪華な部屋だった。つまり、介護人として採用されたのだ。
 フィリップは他人からの同情にうんざりしていた。ドリスはジョークもうまい。下ネタも言い、がさつだが本音でフィリップに接してくる。「他人のくそなんか取れない」と言っていたがやがて手を貸すようになる。車椅子も早く走れる物を特注する。  車椅子ごと乗る車に「荷物じゃないんだから、それには乗せられない」と隣に停めてあった高級車に乗り込む。助手席にフィリップを固定し、大喜びで疾走する。
 オベラにも行きおかしさに笑ってしまうドリス。フィリップが「生きていても・・」というと「人生はこれからだ」という。フィリップがやっていたパラグライダーにも挑戦し空を飛ぶ。二人はまったく違う趣味だが一緒にいると笑っていられる。
 一度は「一生やる仕事ではない」とドリスを解雇するが、髭が伸び放題、機嫌が悪くふさぎがち。世話人がドリスを尋ねてくる。ドリスは再びフィリップの世話を始める。髭剃りに遊びながらいろいろな髭の形に剃りあげる。さっぱりしたところでフィリップの「外の世界が見たい」で連れ出す。 
2012年9月上映
あなたへ
降旗康男:監督  高倉健 田中裕子 佐藤浩市 草なぎ剛 綾瀬はるか 余貴美子 大滝秀治 長塚京三 ビートたけし

 富山刑務所指導技官の倉島は、まだ慶弔休暇中だったが出社していた。妻が遺した手紙が届けられた。それには「遺骨は平戸の海に散骨してください」と書かれてあった。もう一通は長崎局留めで届けられるという。倉島は妻を乗せるはずだった自己改造のキャンピングカーで富山を立つ。途中高山で元国語教師だったという男に会う。不思議なことにガソリンスタンドでも出会い、二人は共に話をする。男は数日後、車上荒しで逮捕される。
 京都のあたりで車が動かなくなった男に助けを求められ、大阪のデパートまで荷物と共に行く。イカめしの物産展での下ごしらえと翌日は販売を手伝う。2千食分のイカめしは完売する。門司でもイカめしの男に出会い、男はぼそっと「妻に男がいる」と悩みを打ち明ける。助手の南原は平戸に行くという倉島に、舟に困ったらこの人を尋ねてみてとメモを渡される。
 平戸は台風が来るという荒れ模様だった。舟はなかなか見つからない。食堂の親子に世話になりながら、メモに書かれた人を訪ねる。後日、無事に散骨できる。食堂の女将さんに妻の最後の手紙には「さようなら」しか書かれていなかった。散骨のこと、手紙のことを考えあぐねていた。「夫婦やからと言っても全部相手のことが分かりゃあしません」という。女将さんも7年前に夫が海で死んだ。死体は上がってこなかった。倉島は南原に会い、女将さんが海に流して欲しいと託した娘の衣装合わせの花嫁姿の写真を渡す。倉島はポストから退職届を送る。
2012年8月上映
テンペスト
吉村芳之:監督 仲間由紀恵 谷原章介 塚本高史 高岡早紀 GACKT

 前琉球王朝の末裔の孫家で女の子が生まれた。父はとても落胆し女の子に名前すら付けなかった。真鶴と自らが付け成長した。和歌を詠み宣教師から英語を覚えいつしか優れた学力を身につけていた。父ははじめて真鶴に孫寧温と言う名を与える。孫家を復興してもらいたいと願っていた。真鶴は女ながら、父の意を汲み取り、男としていきこの琉球を救おうと決意する。清国生まれの宦官で孫家の養子ということで史上最年少の官史登用試験に合格する。朝薫も同じ試験に合格した真鶴とそう変わらない少年だった。二人は互いに協力し合い清国と薩摩藩に二重に支配された琉球を救おうと奔走する。王の姉の聞得大君だけは孫寧温が女だと見抜く。やがて、清国の宦官が琉球を乗っ取ろうとしている意を知り、宦官を海で逃れるために殺してしまう。孫寧温が前国王の末裔と知られ反逆罪に問われ流刑されてしまう。流刑地の八重山で機織などをして暮していたが、琉球に戻りたい真鶴は王の側室選びに応募し選ばれて王朝に戻る。
 琉球王朝では再び難題が王を苦しめ、流刑中の孫寧温を呼び戻すことに。寧温は男になったり、女になったりと苦労する。
 明治になり琉球王朝は政府により明け渡しを命じられ崩壊する。
2012年1月上映
ALWAYS 三丁目の夕日'64
山崎貴:監督 吉岡秀隆、堤 真一、小雪、堀北真希、もたいまさこ、三浦友和、薬師丸ひろ子

 昭和39年、夕日町3丁目では茶川の家にようやくテレビが入る。鈴木オートには同じ日カラーテレビが入る。オリンピックの開催でにぎわっていた。
茶川の父危篤の電報をヒロミが見つけ、茶川も勘当したと言う父に会いに帰郷するが、体調を持ち直した父と喧嘩をしてすぐに戻ってきてしまう。
 六子はおしゃれをして毎朝街角で青年を待っていた。それをタバコ屋のおばちゃんに見つかる。おばちゃんは相手が医師と知ると情報を得に病院にいき、よくないうわさを聞いてくる。
 おばちゃんに菊池医師のうわさを教えられ、悩む六子はヒロミに相談する。ヒロミは身重で飲み屋を続けていた。
 茶川の父死すの電報で茶川はヒロミをつれて実家へ行く。兄嫁から茶川の作品を父親が熱心に読んでくれていたことを知る。昔のままの自分の部屋に父が残した自分の作品と父の感想が書かれていた。父の勘当は本気ではなかったことを知る。
 オリンピック女子バレーの日、ヒロミが産気づく。鈴木オートに集まった連中が手分けして医師や産婆をよんでくる。無事女児が誕生する。
 赤ん坊を抱き、茶川は淳之介に「おにいちゃんだよ」と紹介する。茶川の連載が中止になる。新人のヴィールスを書く緑沼アキラが人気が出たためである。ところが、偶然、茶川は緑沼が淳之介であることを知る。自分のように苦労させたくなくて、淳之介には東大に行き安泰な道をすすめという。淳之介は連載を止めるが、編集者の富岡は熱心に勧めにくる。茶川は淳之介が小説を書きたいという本心を知り追い出してしまう。しかし、淳之介は「おじちゃんの気持ち、僕全部分かっている」と頭を下げて出て行く。
 六子は菊池医師の本当の姿を知り結婚する。  2012年1月上映
源氏物語 千年の謎
鶴橋康夫 監督  生田斗真 中谷美紀 東山紀之 榎木孝明

 一条天皇と彰子との間に出来た藤原道長は、母のところに仕える紫式部に物語を書くように依頼する。
 式部は光源氏を主人公として、複数の愛人や帝の妻、つまり義理の母にまで愛の手を伸ばす美男子で女性をとりこにする物語を書く。しかし、その物語はなかなか終わりにならなかった。宮中の女性はもとより帝までが続きを待たれるほどの人気となった。
 道長は勝手に光源氏は自分のことだろうと式部に言うが、式部は笑って答えない。
 安倍公明は、道長に式部のこの物語を早く辞めさせるように忠告する。
 物語は佳境に入り、愛人となった六条御息所が生霊となって、光源氏の接する女性を襲っていく。光源氏は、次々と女性を変えながらも平安な気持ちではなく、この状態がいつまで続くのかと苦悩する。 2012年1月上映
  2011年
アントキノイノチ
瀬々敬久監督 岡田将生 榮倉奈々 原田泰造 松坂桃李 檀れい 鶴見辰吾

 高校の時友人を見殺しにしてしまったことがきっかけで心を閉ざしてしまった永島杏平は、遺品整理の会社クーパーズで働くようになる。親切な先輩の佐相さんに従って、亡くなって身寄りのいない人、孤独死した人の部屋の荷物を整理する。同僚には久保田ゆきという同い年の女性もいた。
 死んで1ヶ月見つけられなかった人のまだ汚れの残るベッド、ゴキブリだらけの部屋、小さな虫が飛び回る部屋で片付けていく。
 杏平は、高校時代に「お前だけは違うと思った」と死んでいった友。山岳部で山の頂上でその友の敵を討てたのに、逆に助けてしまう。しかし、助けた友は、杏平は俺が助けたとうそをつく。しかし、引率の教師の撮った写真には引き上げる杏平の姿があった。それでも、杏平を責める友。人が信じられなくなっていった。
一方、ゆきは高校時代に男子から暴行を受け妊娠してしまう。わけを話すと母と相手の家に行くが逆にゆきのほうから誘ったといわれる。ゆきは学校をやめる。お腹の子は流産する。ゆきと杏平は互いに引かれながら、これまでの苦しみを乗り越えようとする。
 2011年11月上映
RAILWAYS 愛を伝えられない大人たち
蔵方政俊 監督 三浦友和 余貴美子 小池栄子 吉行和子

電鉄富山駅を走る運転手滝島徹は、あと1ヶ月で定年である。定年後は妻と旅行をしようとパンフレットを持って帰るが、先に妻佐和子から、もう一度看護婦として働きたいといわれ、「今更・・」と激怒する。そして「出て行け!」とも。佐和子はアパートを借りて家を出る。病院の看護師として在宅看護にあたる。患者は癌で余命が短い。訪問するうちに打ち解けた患者に妻は夫のことを話す。
患者は「夫と思うから腹が立つ。ペットと思えばいい」という。
 患者が外出し行方が分からなくなるが、滝島の運転する電車に乗っていた。電車の中で具合が悪化し、救急車を要請する。佐和子が駆けつける。佐和子の働き振りを見ていて徹も思うところがあったのだろう。夫は妻が書き残していった離婚届を市役所に提出する。
 定年の日、元夫の運転する電車に乗り見届ける元妻。しかし、夫は改めて新しい指輪を贈り結婚を申し込む。
 2011年12月上映
猿の惑星 創世記(ジェネシス)
ルパート・ワイアット 監督 ジェームズ・フランコ フリーダ・ピント
ジョン・リスゴー ブライアン・コックス

 ウィルは研究所の実験用のチンパンジーが驚くべき知能があるのに気づく。しかし、そのチンパンジーは暴れたために射殺される。妊娠しており、生まれたばかりのチンパンジーはシーザーと名づけ、ウィルの家で育てられる。ウィルの父がアルツハイマーであった。シーザーに与えていた薬を父に与えると病状がうそのように生気を取り戻す。5年後、シーザーは隣人を傷つけ檻に入れられる。シーザーはそこから出たい。他のチンパンジーやゴリラ、猿たちを先導しシーザーは檻から脱出する。
 シーザーは、以前に連れて行ってもらった森を目指していた。森はゴールデンゲート・ブリッジを超えたところにあった。
銃を持った兵士たちが猿たちを橋のところで待ち伏せていた。賢い猿たちは橋の下側や橋の高いところに登り移動する。
やっとシーザーに出会ったウィルは「家に帰ろう」というが、シーザーは「僕のうちはこの森だ」という。
2011年10月上映
ライフ いのちをつなぐ物語
マイケル・ガントン/マーサ・ホームズ 監督
製作 イギリス

世界18カ国 24箇所 70人のカメラマンが3000日をかけて撮影
日本語ナレーター 松本幸四郎 松たか子

出てくる動物
ウェッデルアザラシ ニホンザル アフリカゾウ イチゴヤドクガエル アイベック コモドオオトカゲ  チーター バンドウイルカ  トビウオ バショウカジキ アカハシネッタイチョウ  カイツブリ  チリクワガタ ミズダコ ザトウクジラ

 赤ガエルは子を産むとオタマジャクシになるまで待ち、子を背負い木を登り葉の根元にたまる水場で育てる。
 オオトカゲは水牛の後ろ足にかぶりつき、毒が廻って水牛が死んでしまうまで何週間もじっと待つ。
 石を使うサル 極寒の地で子育てするアザラシなど
2011年9月上映
うさぎドロップ
SABU監督 宇仁田ゆみ原作 
松山ケンイチ 芦田愛菜 香里奈 風吹ジュン 中村梅雀

 祖父の葬式の日で帰ったダイキチをみて皆が驚く。亡くなった祖父によく似ていたからだ。家の庭に見慣れない女の子がいる。祖父の隠し子だという。
その子をめぐって誰が育てるかもめた。見かねたダイキチは自分が連れて行くという。ダイキチは独身だ。渡された荷物に母子手帳があった。母の欄には祖父のところでお手伝いをしていた正子の名前があった。
女の子はりんという。りんは正子さんが自分を嫌っていたという。都会に連れ帰ったダイキチは、早速どう育てるのか思案する。妹からの電話で、保育園を見つけ預けることができた。出勤前に保育園により、暗くなってから迎えに行く。行きも帰りも走り続ける。これでは育てられないと会社に残業のない部署の配置転換を申し出る。りんにも友達ができる。ケンイチも仲間から子育てについて学ぶ。りんが熱を出した。保育園の保護者が助けてくれる。りんは明るくなった。
 りんが保育園から抜け出し男の子と墓参りに行った。ケンイチも職場の仲間も探す。やがて無事がわかる。りんを実家に預けりんの実母のあうが、育てる気がないようだ。りんはケンイチの家族とも仲良くなり保育園のお遊戯を見に来てもらう。  2011年9月上映
アンダルシア 女神の報復
西谷弘監督 織田裕二 黒木メイサ 戸田恵梨香 伊藤英明

 スペインで日本人投資家が殺されたと外交官黒田に連絡が入る。第一発見者の女性を黒田は、邦人の身の安全を確保する使命から、女性を連れ出しバルセロナのホテルまで届ける。
すぐにホテルを出る女性を不審に思った黒田は問いただす。当初語った名前とは別の名前を名乗った。女性は新藤結花という外国銀行員だった。
 国際テロ組織がバルセロナに向かったという情報を得て、女性の身辺警護に当たる。
 日本人の神足刑事も黒田に協力をするがぎこちない。
殺された日本人の身元がわかる。バルセロナには日本の外務大臣も国際会議のために来ていた。外務大臣は各国に向けて、預金者の秘匿を守り通してきた。しかし近年、マネーロンダリングや脱税に利用されるケースが多いと演説する。
 テロ組織の犯人と思われる男の顔を新藤結花に見せるが、はっきりしない。
 雪の中、スコップで掘り起こす新藤結花。そこにはとっさに投げた証拠のパソコンがあった。マネーロンダリングの首謀者はほかならぬ・・・・であった。
 2011年7月上映
岳 −ガク-
片山修監督 小栗旬 長澤まさみ 佐々木蔵之介 市毛良枝

 椎名久美は山岳救助隊に配属された。山をよく知る三歩から「山で捨ててはいけないものが2つある」と教えられる。ひとつはゴミ、もうひとつは命である。三歩は世界中の山を登り、今は山岳救助ボランティアをしている。小学生の男の子とその父親が山に登り、子は保護されるが父親は滑落して命を落とす。三歩はその男の子を励ます。三歩は授業参観に向かうが急に出てきた風で山に引き返す。山では遭難が重なっていた。
 結婚を1ヶ月後に控えた父親と娘が登山していた。山の天候が急変し、その父娘は遭難する。他に2つのパーティが救助を求めている。親娘のところへ久美がヘリで駆けつけるが、娘を救助したところで危険を感じた操縦士が引き返すという。久美は吊るされたロープを切り、父親を救うべく現場に残る。それを聞いた三歩が現場に向かう。途中三歩を雪崩が襲う。久美は父親を助けるようと奮闘するが力が尽きる。三歩は再び雪の中から這い出し捜索にあたる。 2011年6月上映
八日目の蝉
成島出監督  井上真央 永作博美 小池栄子 森口瑤子 田中哲司

 野々宮希和子は愛人であった秋山丈博の家に侵入し、眠っていた赤ちゃんを抱き上げる。そのままコート下に隠し連れ去る。希和子は友人の家に身を隠す。その後エンジェルホームに入所するが連れ去った子と生きるために再びそこを脱出し、ホームで親しくなった澤田久美の実家のある小豆島に行く。
製麺所で働きながら薫と名づけた子と暮らし始める。周りの人に支えられながら束の間幸せな日々が続く。ところが、島民が応募した写真が入賞し、写っていた希和子は警察に捕まる。
 薫は実の親の元に返されるが、なかなか両親となじめない。壊れかけた家庭であった。そして、薫(恵理菜)が21歳になり妊娠した。相手は妻子のある結婚できない男だった。雑誌の記者が尋ねてくる。誰にも相談できない薫は、その雑誌記者と行動を共にするうちに、自分の小さいころの事を聞かされる。二人で小豆島を訪れる。ここで暮らし母と写真を撮ったことを思い出す薫。
2011年5月上映
君に届け
熊澤 尚人 監督     多部未華子 三浦春馬 蓮佛美沙子 桐谷美玲
夏菜 青山ハル 金井勇太 富田靖子(特別出演) ARATA 勝村政信

 入学式の日、黒沼爽子は風早翔太に桜の木下で学校への道を教える。爽子の頭についた桜の花びらを翔太は取ってくれた。ハートの形をしていた。爽子は髪が長く笑わない。緊張すると怖い顔になる。反面、一日一膳を繰り返す目立たない子だった。クラスで爽子を「貞子」(お化け映画の主人公)と呼ぶようになり、目をあわすと呪われるとうわさされる。ごみを拾ったり、自販機の空き容器を片付ける爽子をずっと翔太は見ていた。
 お化け大会で貞子がお化け役をすればいいと耳にすると爽子は千鶴とあやねに自分がお化けをすると言う。そんな爽子を千鶴とあやねは放って置けなくなって友達になる。そんな折、翔太やあやねや千鶴が貞子と一緒にいる事が評判を下げると耳にして爽子から身を引く態度をとる。心配したあやねと千鶴。翔太は爽子に彼女になってほしいといわれる。爽子はもじもじとしてあやふやにしてしまう。クリスマスイブもすっぽかす。あやねと千鶴に言われて爽子も自分の気持ちを翔太に伝えたいと、カウントダウンコンサートを抜け出し翔太に会いに行く。
やっと翔太は自分の気持ちが爽子に届いたことを喜ぶ。2011年4月上映
十三人の刺客
三池崇史 監督  池宮彰一郎 原作
役所広司  山田孝之 稲垣吾郎 市村正親 松本幸四郎

 江戸末期、明石藩家老の間宮が老中土井家の門前で切腹する。明石藩主松平斉韶の残虐、非道の繰り返しに抗議をしてのことであった。松平斉韶は12代将軍松平家慶の弟であった。
このままではこの国のためにならないと老中土井は島田新左衛門に斉韶の暗殺を命じる。
 斉韶は間宮の家族を呼び、妻や子を弓で撃ち殺す。主の失態は家族も負うものだと。斉韶は婚姻をしたばかりの家臣の妻を手篭めにし、ついでに夫とともに切り殺してしまう。
 参勤交代で江戸に行く斉韶を木曾の落合宿で襲撃することを計画する。尾張藩主も斉韶を尾張藩の地に立ち入らせないと新左衛門に協力する。
 新左衛門は落合宿を買い取り襲撃に備える。ところが、明石藩も兵をそろえ200人であった。13人が200人と対戦する。
最後まで自分をかばって命を張って守った家臣の切り落とされた頭を蹴飛ばす斉韶。新左衛門はその態度に怒った。そして、二人は泥まみれになりながら刺し違える。
 2011年4月上映
しあわせの雨傘
 フランソワ・オゾン監督   カトリーヌ・ドヌーブほか

 300人の従業員を抱える雨傘工場で、ストライキが起こっていた。トイレの改修やボーナスの要求などであった。その最中に、夫で社長のローベルが倒れた。妻のスザンナが夫の代わりに、組合との交渉に立ち会う。
 スザンナは要求を聴き、従業員を家族のように扱うと宣言する。ストライキは回避された。スザンナは従順な専業主婦であった。子どもたちは母親にお飾りの妻だと言う。夫は秘書にまで手を出していた。スザンナは感づいていたが平穏な生活を送るために見て見ぬふりをしていた。夫は亭主関白で従業員の要求はいちいち聞くような男ではなかった。
 息子や娘も会社に出向き、仕事をするようになった。新しいデザインの傘が研究される。順調に業績もアップしてきた。ところが、夫の病気が完治すると会社に戻ると言う。夫の持ち株をかざして妻を失脚させる。
再び、会社に不満が出始める。しかし、妻のとった行動は、なんと若いころ親しかった市長に相談し、スザンナは市議会議員に立候補し当選する。
もう、お飾りとは言わせない。自分の好きなように生きようと決意する。
   2011年2月上映
 2010年
SPACE BATTLESHIP ヤマト
木村拓哉 黒木メイサ 緒形直人 山崎努 堤真一

 地球は正体不明のガミラスの攻撃を受け放射能汚染してしまった。多くの命が奪われ人々は地下生活を余儀なくされていた。地球滅亡まであと73日。
 宇宙戦艦ヤマトに乗っていた古代守はヤマトを救うために盾となって戦い宇宙に散った。地球に戻ったヤマトは、再び人員を増やしイスカンダルを目指す。守の弟進は志願しヤマトに乗りこむ。被爆した進はヤマトに乗り込んだ際には回復していた。艦長沖田は病が悪化し艦長代理を進に託す。宇宙ではガミラスがヤマトに攻撃を開始した。
古代進は緑の地球を取り戻すために、イスカンダルから放射能浄化装置を持ち帰ろうと艦をすすめる。隊員の森雪は兄の守にあこがれに乗り込んだという。兄は亡き人になってしまった。しかし、進と雪の間に芽生えた恋。生きて帰るためにガミラスとの闘いが続く。
2010年12月上映
SP野望編
岡田准一 堤 真一 真木よう子 香川照之 松尾 諭 神尾 佑

 井上は最近係長の尾形に不審なイメージを感じていた。井上は六本木で傘に仕込んだ爆弾をもった男を追跡の末に逮捕した。その際の追跡の仕方は異様であった。車の上を飛び越え地下鉄構内を走り回る。
井上の動きに尾形の影の上司は井上の殉死をもくろむ。与党幹事長の警護の後、内閣官房長官を国会に送る警護に当たる。夜中3時過ぎである。覆面をした男たちに狙われる井上達。途中で車を乗り捨てあと1.5キロまでの道を国会に急ぐ。大2団、第3団と井上は狙われるが交わす。
 小さい頃内閣総理大臣が襲われた場所で尾形と井上は対峙する。仲間に入れようとする尾形に井上は、SPになってからの尾形のあの時指導されたSPとしての任務を貫くと宣言する。尾形を公安はマークしていた。尾形を動かす影の大物に与党幹事長が関わっていた。尾形は革命を起こそうとしていた。
2010年11月上映
雷桜
 岡田将生 蒼井優 小出恵介 柄本明 時任三郎 宮崎美子

 将軍家の若君清水斉道は、家臣からうつけ者と呼ばれて多少軽んじられていた。若君は家臣から瀬田村には天狗がいてのどかなところだと聞き、静養のために瀬田村に行くことになった。
家臣の助次郎の妹は20年前に赤子の時、何者かに連れ去られた。山に入り込んだ若君は馬に乗る若い女に出会う。天狗と呼ばれていた女だ。助次郎は妹だと直感する。炭焼き小屋が燃え、養父が失踪し、やむなく雷は里に戻る。里では母が待っていた。やがて、若君と雷は魅かれ合うようになるが、若君は江戸へ帰る。
 若君に紀州徳川家から縁談が持ち上がる。雷はきっと帰ってくると言う若君を待っていた。村の祭りの日に二人は再会し結ばれる。
若君は去っていく。
 18年後、若君は病死する。助次郎はそれを伝えに村を訪ねる。途中で若者にであう。それは若君にうり二つの若者だった。妹は炭焼きをしていると話すとそれは母だと若者がいう。
  2010年10月公開
桜田門外ノ変
大沢たかお 北大路欣也 柄本明 生瀬勝久 長谷川京子 本田博太郎 
伊武雅刀

 安政7年3月3日(1860年3月24日)江戸城桜田門外で水戸藩の脱藩者17名が彦根藩 大老井伊直弼を襲撃暗殺した。
 井伊直弼の家臣のうち足軽を含め配下の者たちは主君を守れなかったと切腹を命じられた。 元水戸藩の関鉄之助は井伊直弼の暗殺を指揮するも、雪の中遠巻きに監督し、直弼の首が取られるや岡部三十郎たちとその場を後にする。
元水戸藩の者たちは帰り着くまでに半数以上が力尽き自害する。残った水戸藩の襲撃者はその後追われる身となる。
水戸藩主徳川斉昭は蟄居の最中、脳卒中に倒れ死亡する。岡部三十郎と関鉄之助は大阪に向かうが、薩摩藩と会えないまま、また水戸に戻る。岡部は途中捕まり斬首された。関は袋田村の松岡源次衛門にかくまわれるが、襲撃から2年後囚われ斬首になる。38歳であった。。
尊王攘夷運動がおこり、襲撃から8年後に明治元年を迎える。
  2010年10月公開
大奥 
金子文紀監督 柴崎コウ 二宮和也 阿部サダヲ
堀北真希 佐々木蔵之助 玉木宏 和久井映見

 男子にだけ罹る疫病が流行り男子は女性の四分の一に激減した。世の中は女性が要職に就き、駕籠屋や人足は女も担っていた。男は性を売り女が買いに来る世の中になった。7代将軍はまだ少女。しかもすぐに亡くなってしまう。8代将軍吉宗が誕生した。女の将軍である。
吉宗は国の財政の逼迫の折、質素に迎えるように言い渡したにもかかわらず、きらびやかに着飾った大奥の要職の一人を解雇する。大奥へのお渡りもせず、側近にそれも仕事と言われ止むなく出向く。そこで目をつけた男水野に声をかける。水野はきらびやかな大奥にあってまだ武士としての意思を貫き、黒い着物で殿を迎える。初夜の相手をした男は処刑されることから、水野もその運命にあった。吉宗は世を変えようとしていた。
2010年10月上映
トイレット
荻上直子監督 アレックス・ハウス タチアナ・マズラニー もたいまさこ

 母が亡くなって、長男のモーリーは母の遺品の古いミシンを見つけた。日本人で英語の話せないばーちゃんに直してもらう。ばーちゃんは母が亡くなる前にカナダに来たばかりだ。モーリーは4年ぶりに外出する。布を買うために。ところが発作が起こり次男のレイに迎えに来てもらう。ばーちゃんは猫のえさがないので、はじめて外出し迷子になった。レイは夜まで車で探しまわるが車をぶつけてしまう。ところがばーちゃんは孫で大学生のリサが見つける。ばーちゃんとモーリーとリサで餃子を作る。レイは怒る。夜中、ばーちゃんが温めてくれた餃子にレイは「ギョウザ、クール(うまい)」と何度もいう。
 モーリーは黒服で正装し、ズボンの代わりに自分でぬったスカートを履いてピアノコンクールに出るが発作が起きそうだった。客席でばーちゃんが突然立ち上がり「モーリー、クール!」というとモーリーは落ち着きを取り戻し、最後までピアノを弾くことができた。
 ばーちゃんはトイレタイムが長い。出てくると大きなため息をつく。毎日その様子を見たレイは会社の同僚に相談する。同僚は「日本には2通りの便器がある。一つは和式、一つはハイテクのウォシュレットだ」と。レイはばーちゃんのために欲しかったプラモデルを我慢し3000ドルでウォシュレットを買う。
 ばーちゃんは入院する。便器はばーちゃんが亡くなってから届いた。レイは便器を使い「ジャバニーズ、テクノロジー!」と感激する。
2010年9月上映

踊る大捜査線3
本広克行監督  織田裕二 深津絵里 伊藤淳史
           内田由紀 小泉孝太郎 小栗旬
                  小泉今日子
 湾岸署は新しくできた新湾岸署に引っ越しの最中であった。その時、金庫が破られるという事件が起こった。駆けつけるが何も取られていない。バスがジャックされるが乗客は財布を盗られたがまとめて置いてあった。
犯人は、新湾岸署のセキュリティシステムに入り込み、署内を封鎖した。犯人の要求はかつて青島が逮捕した犯人を釈放せよというものだった。青島は係長になった。多忙で医師からの呼び出しも応じなかったが、レントゲンに影があるという。青島は癌だと噂される。
どうせ死ぬなら死ぬ気で・・・と犯人の捜査に動く。
 室井官房審議官は青島に拘留中の犯人の釈放と交渉をまかす。
 心を病んでネット上では教祖さまのように慕われている女性を釈放する。女性は旧湾岸署に向かう。
新湾岸署では閉鎖され閉じ込められた署員と中に入ろうとする捜査員とがセキュリティシステムを解除すべく努力を続けていた。   2010年7月上映
告白
中島哲也監督 原作:湊かなえ  松たか子、岡田将生、木村佳乃

 ある中学校の終業式後のホームルーム。騒がしい生徒たち。1年B組、37人の13歳。担任・森口悠子(松たか子)が黒板に「命」と書いて語り出す。「私の娘が死にました。警察は事故死と判断しましたが、娘は事故で死んだのではありません。このクラスの生徒に殺されたのです」
教室は徐々に静かになった。「娘を殺した少年Aと少年Bは少年法の下で守られるでしょう。でも私はその二人の牛乳にエイズだった夫の血液を注入しました。やがて発症していくでしょう。それが私の復讐です」森口はこの日を最後に教師を辞めるという。
 新しい年度が始まった。頭のいい少年Aは平然と学校へ登校する。皆からの嫌がらせにも耐える。少年Bは春休みの間から精神を病んでいた。ふろも入らず奇声を発していた。新しい教師は週に1度家庭訪問に来る。それが少年Bを余計に苛立たせた。少年はとうとう母親を殺してしまう。少年Aは離婚した母親に自分を認めさせたかった。再婚した父親は新たに子が生まれると少年Aを離れに押しやった。全校集会で発表の後、爆破させようとたくらんだ少年A。しかし、爆発はしなかった。辞めた森口が携帯で少年Aに「あなたの作った爆弾はあなたの母親の研究室を爆破した」という。少年Aの償いはこれから始まる。
 2010年6月公開
RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男
錦織良成監督 中井貴一 高島礼子 三浦貴大
 
 取締役への道も決まった大手企業の会社員筒井肇は母が倒れ出雲の実家に帰る。会社で親しくしていた工場長が交通事故で急死する。自分の人生は自分で決めると言っていた。妻はハーブの店を持ったばかりだ。大学生の娘が出雲で祖母のそばにいてくれた。子どもの頃夢だった自宅前を通る一畑電車の運転士。ちょうど募集の張り紙を見て応募する。やがて合格し一緒に合格した若者と研修を受ける。筒井は運転士になって夢がかなったと喜んだ。妻も時々東京から母の見舞いに来ていた。地元の人に親切な運転手はしばしば運行時間に遅れた。
 ある日事件が起こる。責任をとるため退職を考える。会社は事故は会社の責任と記者会見でお詫びする。若者もなんとなく受けたこの仕事、一生の仕事にしようと意欲を見せる。
 2010年6月上映
プレシャス
リー・ダニエルズ監督
カボレイ・シディベ モニーク ポーラ・パットン マライア・キャリー

 プレシャスは16歳。黒人の太った女の子。学校では一番後ろに座り授業中も一言も口を開かない。母親と生活保護を受けて暮らしている。
プレシャスはすでに子供がいた。祖母が育てている。実の父親との間にできた子供だ。今も妊娠していることが分かり退学になった。学校側は代替学校(フリースクール)に行くようすすめる。
 プレシャスは代替学校へ行く。担任の女性は生徒にノートを与え、書くことの大切さを教える。プレシャスは「1日海岸で」という言葉さえ読めない。
母親は家でごろごろし、プレシャスに食事を作らせ、罵り、物をぶつけるという激しい気性だった。2人目の子が生まれる。家に帰るが、母親から物をぶつけられる。上階からプレシャスを狙ってテレビを投げつける。子を連れ逃げる。ソーシャルワーカーがプレシャスに父親や母親とのことを尋ねる。子供の父が実父や義父だということを話す。
 プレシャスは先生の言うことが正しいと感じるようになる。クラスメイトもプレシャスを助ける。母親が訪ねてくるが、プレシャスは子供と生きていこうと決心する。
 
2010年5月上映
ココ・シャネル
クリスチャン・デュゲイ監督
シャーリー・マクレーン バルボラ・ボグローヴァ

 15年の沈黙を破って復帰コレクションを開催したシャネルに待っていたのは不評の嵐だった。パートナーはもう引退するよう勧める。
 シャネルは幼いころ母を亡くし、父に棄てられ施設で育つ。縫い子として働くようになった。シャネルを見染めた将校は別荘で暮らし始める。しかし、彼の母に紹介しないばかりか結婚する気がないことが分かる。怒ったシャネルは出ていく。パリで帽子屋を始める。そこへ、将校の友人のボーイ・カベルがやってくる。彼の援助で表通りに店を開く。ボーイの助けもあって売れ始める。世の中が戦争になり、女性がコルセットをつけなくても一人で着られる服を作る。
それが売れ始める。シャネルの5番の香水も。そしてボーイは事故で亡くなる。自分には仕事しかない。次のコレクションを反対を押し切って開く。
2010年2月上映
人生に乾杯
ガーポル・ロホニ監督
エミル・ケレシュ  テリ・フェルディ

ハンガリーのアパートに住む夫婦81歳と70歳。
差し押さえにきた役人は夫の本を差し押さえようとするが、妻がダイヤのイヤリングを渡す。夫からプレゼントされた大切なものだった。電気も止められた。
夫は郵便局に行き「この袋にお金を詰めてください。銃を持っている」という。帰り際「ご協力に感謝する」と持ち去る。強盗をしたことをテレビで知った妻は当初は警察に協力するが、夫の指定された場所に行くと車(1959年製のチャイカ)で夫とともに逃げる。妻がピンクのスーツを買い、ホテルに泊まる。2度目に銀行強盗に入るが昼休みで銀行には誰もいなかった。何も取らないで逃げるが、防犯カメラに写っていた。二人は指名手配される。そして、宝石店で妻のためにイヤリングを奪う。逃亡中にニュースで放映されると世論は年金では暮らしていけないと二人に同情的になる。途中で追ってきた女刑事を伴って逃亡する。女刑事は負傷していたが妻から看護される。車は警察の静止用重機に激突し炎上する。女刑事は直前に下ろされていた。
大きな縫いぐるみがなぜか運転席にいた。二人は本当に炎上したのだろうか?
2010年2月上映
扉をたたく人 
トム・マッカーシー 監督 
リチャード・ジェンキンス ヒアム・アーバス ハーズ・すレイマン

 

 大学教授のウォルターは学会出席のために何年も空けていたニューヨークのアパートに戻る。その部屋に最近越したという若いカップルがいた。警察に知らせないでと出て行こうとする。不動産屋にだまされたのだ。教授は二人をここにいていいという。青年はシリア出身のタレク。彼女はセネガル出身のゼイナブ。二人とも不法滞在だった。太鼓のジャンベをタレクは教授に教える。公園で皆と叩いてみる。二人は意気投合する。地下鉄の改札で挟まった時、無賃乗車と間違えられタレクは教授の前で捕まる。教授が説明するが警察は聞く耳を持たない。教授は収容所に日参する。セネガルは教授の家を出ていく。タレクの母が訪ねてくる。ふたりで収容所に行く。タレクは何もしていないのにと嘆く。教授と母が再び訪ねた時は既に国外退去になっていた。教授は係官に食ってかかる。「人の人生を何だと思っている」と。母は帰国する。教授はあの捕まった駅でジャンベを叩く。
2010年2月上映
食堂かたつむり
富永 まい監督  原作 小川 糸
柴崎コウ 余貴美子 ブラザートム 三浦友和 田中哲司 志田 未来

 インド人の恋人と将来食堂を開く夢を持っていた倫子は、帰宅するとアパートはもぬけの殻だった。彼に騙されたのだ。そのショックで声が出なくなる。
郷里に戻り母のもとで暮らす。物置を食堂にしようと村人の熊さんが手伝ってくれる。母はペットに豚を買っておりエルメスと名付けていた。母はスナックをやっていた。倫子には父がいなかった。
倫子の食堂は「食堂かたつむり」という名で開店する。最初に熊さんが倫子の料理を食べる。離れていった妻から電話があった。次に女学生がボーイフレンドとくる。二人は仲良しになった。喪服の未亡人は倫子の料理を食べ明るく生きようと決心する。しかし、順調にいかない。料理に虫が入っていた。
 母に癌が見つかる。余命半年。母は初恋の人と結婚をする。常連客だった建築業の社長は落胆する。母の死後、倫子は自分で料理したものを食べているとき、思わず「おいしい!」と声が出る。  2010年2月上映
おとうと
山田 洋次 監督
吉永小百合 笑福亭鶴瓶 蒼井優 加瀬亮

 一人娘の結婚式を迎えた高野吟子。娘の小春は医師と結婚する。結婚式の日、行方不明だった吟子の弟がやってくる。酒癖が悪く、結婚式をめちゃくちゃにする。小春はほどなく離婚して吟子の経営する薬局屋に戻る。結婚式の後、疎遠になっていた弟と同居していた女性が吟子を訪ねる。弟の借りた金を吟子が返済する。
再び、弟がやってきたとき吟子は怒りのあまり衝突しけんか別れしてしまう。
大阪の病院から電話があり、弟が倒れたという。癌があちこち転移していた。民間のホスピスで通天閣を見ながら闘病していた弟を吟子が訪ねる。
いったん大阪に戻るが、再び連絡があった時、吟子が駆けつけた後、小春も新しい彼氏と車で駆けつける。
 2010年2月上映
カールじいさんの空飛ぶ家
ピーター・ドクター/ボブ・ピーターソン 監督
幼いころ空き家で知り合った男の子と女の子が大人になって結婚する。子供のころみたパラダイス・ホールにある「幻の滝」にいつか行こうと話すが、妻が病死する。再開発のど真ん中にあるカールじいさん宅だが、ある事件がきっかけで退去しなければならなくなった。カールじいさんは、風船2万個をつけた自宅で幻の滝を目指す。前日訪ねてきた少年もそれに乗っていた。滝のあるジャングルに着いた。大きな怪鳥に出くわす。怪鳥と少年はチョコレートで仲良くなる。
以前、怪鳥を持って帰ると旅立った冒険家と遭遇する。怪鳥を狙っていた。じいさんは怪鳥と家を守るために冒険家と戦う。
2010年1月上映
釣りバカ日誌 ファイナル
相原雄三 監督 山田洋次脚本
三國連太郎 西田敏行 松坂慶子 吹石一恵

親友の娘が料亭で女将をしている。会長は不景気で月給をゼロにする。そこへハマちゃんが関西の方で大きな工事を取ってくる。褒美に北海道への釣り旅行となった。女将も娘のところへ行くので同行するが、すでに獣医になった娘は牧場の息子と一緒に住んでいた。立腹した女将は彼氏の両親との話合に応じないが、ハマちゃんが仲立ちをし、結婚をすることになる。結婚式ではハマちゃんが初めて飲んだ胃カメラの話を他の人に話されてしまう。ハマちゃんは北海道の渓流で幻のイトウを釣るが逃がしてやる。
会長を引退する日「鈴木建設は永久に不滅です」と残った社員にエールを送る。
2010年1月上映
 2009年
スノープリンス
松岡錠司監督 
森本慎太郎 桑島真里乃 香川照之 檀れい
浅野忠信 中村嘉葎雄 岸恵子 山本学   

 昭和11年、10歳の草太は母を幼いころに亡くし炭焼きの祖父と暮らしていた。村の金持ちの娘早代は草太の唯一の友達だった。草太は学校へ行けないが祖父から字を習い、絵がうまかった。草木でつくった色で絵を描いていた。村にサーカスが来る。早代とサーカスに行きピエロに見つかる。ピエロが帰りにくれたものが祖父へ買いたかった卵だった。何でも知っていると知り神様だと思った。池のほとりに夜空色の土があると聞いてピエロと一緒に行く。ピエロはコートもくれた。クリスマス前、祖父が死んだ。サーカスのピエロを訪ねたがもう引き払った後だった。夜空色で描いた絵を持って早代を訪ねるが、早代の父が出たため会えなかった。
行く当てのない草太は途中で工場の火事を見つける。早代の父は工場が外側だけの火事で助かったことを知り、火事を消してくれた草太を探すが、犬のチビと木の下で冷たくなっていた。
 2009年12月上映
笑う警官
角川春樹監督  佐々木譲原作
大森南朋 松雪泰子 宮迫博之 鹿賀丈史

 北海道警が組織ぐるみで捜査費や報償費を裏金化しているという疑惑が報道された。記者会見で道警本部は否定する。現職警官が百条委員会に証言する予定であることが分かった。
その委員が狙われた。現役女性警官がアパートで死んだ事件の犯人にされ、見つけると射殺してもよいという命令まで出た。
 狙われた津久井は佐伯と特殊捜査をした仲間である。佐伯は津久井をかくまう。彼の無実を晴らすには明日の委員会開催時刻の10時までに真相を突き止めることだった。佐伯の部下たちが集まる。しかし、部下の中には腐った組織の上部にその内容を密告するものまで現れる。佐伯を信じて協力をした小島百合は、真相を突き止めるまでに都合よく進むことに疑問を持つ。佐伯は女性警官を殺した犯人が彼女の元上司であることを突き止め自首をすすめる。
翌朝、出頭するはずだった上司は自殺していた。委員会会場へ白バイを先頭に向かう。身代わりになった津久井は撃たれる。
2009年11月上映
正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官
ウェイン・クラマー ハリソン・フォード 
レイ・リオッタ アシュレイ・ジャッド

 ロサンゼルスの移民・関税執務局の捜査官マックスは、縫製工場を一斉捜査した。不法就労者をメキシコへ強制送還する。一人の女性が子供を預けていると助けを求める。一度は断るが住所を書いたメモを探し、子供をつれてメキシコへ行く。送還された母親は再びアメリカへ向ったという。
 イスラム教徒のバングラデシュ出身の高校生は9・11事件の犯人を擁護する発言をし国外退去になる。まじめな生徒だった。
 韓国の少年は市民権が取得できる前日コンビニ強盗をする。偶然居合わせた移民局捜査官は他の犯人が射殺され一人残った彼に逃げて市民権を得るよう説得する。
 女優志願の女性は主役が出来る機会にめぐまれるが、労働ビザが下りない。グリーンカードを取得するために体を提供する。
 アメリカに向かった母親は国境近くで死体で見つかる。
 2009年11月上映
沈まぬ太陽
若松節朗監督 山崎豊子原作
渡辺謙 三浦友和 石坂浩二 鈴木京香

 国民航空の労働組合委員長の恩地は、労働改善の要求を勝ち取った後、カラチへ飛ばされる。
組合を副委員長の行天に任すが、行天は会社側の昇進と引換人事に従い組合活動から離れた。むしろ、御用組合を作り組合つぶしに貢献した。恩地は3年たっても本社に戻れないばかりか、その後、テヘラン、ナイロビと10年の間アフリカでの勤務に当たらせた。本社に戻したのは国民航空が起こした墜落事故の遺族係の仕事だった。組合の書記をしていた八木は行天の指示で、チケットを金券ショップで金に変える不正をしたが、何も知らない恩地の励ましを受けた後自殺してしまう。国民空港は外部から国見会長を迎え、社内の浄化と改善に努めた。国見に引き抜かれた恩地は会社の健全化をすすめる。これからという時、国見は利根川総理から解任を言い渡される。行天から組合活動の謝罪を要求される恩地だが会社には屈さず、再びアフリカへ旅立つ恩地だった。

2009年10月上映
あなたは私の婿になる
アン・フレッチャー監督
サンドラ・ブロック ライアン・レイノルズ ベティ・ホワイト

 ニューヨークの出版会社で編集長をするマーガレットは、社内で魔女と恐れられていた。彼女が出勤すると来社したことを知らせるメールが一斉に送信される。和やかだった社内が緊張が走るほどだ。アシスタントのアンドリューはそんな彼女の秘書的な役割をしている。
 上司に呼ばれたマーガレットは突然国外退去を命じられる。このままでは職も失ってしまう。仕事人間のマーガレットはとっさにアンドリューと結婚すると宣言する。アンドリューが祖母の誕生日で帰郷するという電話を耳にし一緒に行くことに。アンドリューには「すぐに離婚するから」と承服させる。
 アンドリューの故郷では祖母や両親が待っていた。アンドリューの実家は旧家で町のあちこちにアンドリューの家の名前を冠する店が並んでいた。
祖母は誕生日に孫の結婚式を見たいと計画する。150年も伝わるこの家のドレスをマーガレットに仕立て直す。家族の温かいもてなしを受け、偽装結婚しようとしている自分の罪に式の最中に事実を暴露してしまうマーガレット。そして帰国する。マーガレットが去り自分の気持ちを確信したアンドシューはマーガレットを追う。荷物を片付けるマーガレットにアンドリューはプロポーズする。
 2009年10月上映
さまよう刃
東野圭吾原作 益子昌一監督 寺尾聰 竹野内豊 伊東四朗 山谷初男 酒井美紀

 妻の死後、娘と二人で暮らしてきた長峰。娘の絵摩は帰宅途中車で連れ去られ翌日荒川べりで死体となって発見された。
 長峰のもとへ若い男の声で「スガノカイジとトモサキアツヤに殺された」と電話を受ける。
教えられたアパートで娘が強姦されそれをビデオに撮られていたものを見つける。部屋に戻ってきたアツヤを刺し、カイジの居場所を聞くと長峰はペンションに向かう。警察は刃物の指紋から犯行は長峰と知る。長峰がカイジを追っていることを知った警察は長峰を指名手配する。長野のペンションに泊まった長峰はペンションの主の銃をもちカイジが友人と待ち合わせた川崎に向かう。カイジを捕まえ長峰は銃を引くが・・・。
2009年10月上映
火天の城
田中光敏監督 山本兼一原作
西田敏行 椎名桔平 緒形直人 夏八木勲

 又右衛門は、信長より安土城建設の依頼を受ける。地下二階、地上5階の日本一の大きさだ。この建物を千年ももたせるには木曽檜,それも樹齢2000年の木曽上松にしかない檜である。木曽は信長の敵地武田領にある。又右衛門は木曽に向かう。
甚兵衛は当初適当にあしらうつもりだったが又右衛門の七層の城への熱意を知り、伊勢神宮式年祭に用意されたお備木を送る約束をする。
それは、甚兵衛の命を賭けた約束だった。
大雨の後、約束通り檜は安土に届く。城をつくる途中で又右衛門の妻が亡くなる。
 大雨の後、建築中の城の親柱が天主を突き上げていた。地盤沈下が起きた。親柱の根元を4寸ほど切るためにすべての職人と住人が必死で親柱を持ち上げる。
2009年9月上映
アマルフィ
西谷弘監督 新保裕一原作
織田裕二 天海祐希 佐藤浩市 戸田恵梨香

 外交官黒田がイタリアに赴任した。その日日本人の女の子が誘拐された。邦人を護る責任から黒田がこの誘拐にかかわる。犯人は黒田と女の子の母親紗江子を振り回す。日本から外務大臣がやってくる。犯人が金のほかに何が目的なのか。黒田は防犯カメラに目をつける。紗江子がイタリアの知人藤井の訪問後から様子がおかしい。何かを考えている。黒田はオペラ座のコンサート会場に向かう。犯人は妻を殺された男の日本の大臣に対する報復だった。

2009年7月上映
       
 ごくせん    佐藤東弥監督  仲間由紀恵 亀梨和也 沢村一樹 生瀬勝之 玉森裕太

 赤銅学院にかつての教え子小田切が教育実習生としてやってくる。久美子は勝手に自分に憧れて教師の道を選んでくれたと喜ぶ。しかし小田切は大学まで行ったものの何を目指すべきか迷っていた。
 久美子は今の3Dのクラスに受けいられていなかった。生徒の高杉がカツアゲをしようとした暴走族を倒したことから、迷惑をかけられないと高杉が一人で乗り込む。それを聞いた久美子も向かう。小田切はクラスの子に仲間ならひとりでいかせるなという。都合のいいときだけが友達ではない。#Dのクラスの皆も駆けつけるが、久美子が解決した後だった。
そこへ卒業生の風間が警察に追われているという。覚せい剤の取引とされた場所に風間の財布が落ちていた。皆で風間を探す。卒業生も皆が一丸となって探し回る。風間は教室にやってきた。割のいいバイトに目がくらみ、覚せい剤だと知らなかったという。その覚せい剤の取引の黒幕が、今立候補しようとしているIT企業社長の黒崎であった。黒崎は久美子の憧れの人に似ていたが「許せない!」と立候補演説会場に乗り込む。
 会場ではかつての教え子がテレビクルーのカメラマン助手としてきていた。生徒たちは黒崎の会社の倉庫で覚せい剤を見つける。黒崎と久美子が対峙する。そこへ、大量の覚せい剤の映像が流される。黒崎は警察に捕まる。
テレビを見た卒業生たちは、久美子に会いに来る。小田切は先生もいいものだと感じ始める。
2009年7月上映

ディアドクター      西川美和監督   笑福亭鶴瓶 八千草薫 瑛太 余貴美子 香川照之              

 村の診療所に伊野がいる。伊野は無資格の偽医者だった。しかし、何も知らない村人は医者を信頼していた   
村の診療所に伊野がいる。伊野は無資格の偽医者だった。しかし、何も知らない村人は医者を信頼していた。
村の長老が息を引き取ったときも抱きしめ長年の闘病をねぎらうと、不思議にも口の中にあったものが飛び出て息を吹きかえした。村人は驚く。また事故で診療所に運ばれた若者は、肺に空気がたまり片方が機能していない。看護婦の指示で医者は肺に針を刺し空気を抜く。これが功を奏して大きな病院に移送された若者は命を救われる。                    
そこへ研修医の相馬が村にやってくる。村の人に対する伊野のすぐ駆けつける話を聞く態度に大学病院と違う意義を感じる。伊野は自分が偽医者だと相馬に言うが、自分も医者と呼べるほどではないと謙遜し、伊野の言葉を遮る。            
一人ぐらしのかづ子はときどき体調を崩していた。胃カメラを飲み癌だと気がついた伊野は本を見ながら懸命に対応する。しづ子の娘は医者で帰省した折、母の薬袋から詳しい話を聞きに診療所に訪れる。伊野は説明をするが、突然、バイクにまたがり白衣を脱ぎ捨てしづ子を遠くで見舞った後、疾走する。                                           
 警察は伊野が無資格の偽医者であると内定を始めていた。伊野はかつて病院に医療器具を卸す仕事をしていた。
 しづ子は娘の病院に入院する。そこへ配膳係の姿をしたあの偽医者が・・・・・。                          
     2009年 7月上映


「剱岳 点の記」
     木村大作監督   浅野忠信 香川照之 仲村トオル 松田龍平 宮崎あおい

 明治40年(1907年)北アルプスの剣岳に登り、四等三角点を設営し、剱岳周辺の測量をすることを旧陸軍陸地測
量部の紫崎芳太郎が命ぜられる。剱岳は前人未踏の死の山、神の山として入ってはならない山だった。富山に行っ
た柴崎土地の案内人と剱岳と二人で登ってみる。剱岳の下まで来たが登るのは困難でと考えた。一度東京に戻って
それを上司に伝えるが、どうしても登れという命令が出る。同じころ山岳隊が外国の登頂の知識を取り入れて登る計
画である。測量の役人と山岳隊のどっちが先に登頂するか新聞を賑わす。しかし、柴崎は慎重に測量をしながら徐々
に剱岳を目指していた。案内人の知人の行者から「剱岳は雪を背負って登る」というヒントをもらう。案内人も登ったこ
とがない。案内人はやめろという自分の息子を叱り飛ばしても柴崎たちに協力する。
やがて雪のある剱岳を登っていく。雪が解けない一瞬を狙っていくしかない。山岳隊がいったんあきらめたルートを登
っていった。
山の上では風が強くみぞれになったり、雪崩にあったり、大雨になったりした。
調査隊は剱岳の頂上に三角点を建てる。向こうの山から山岳隊が手旗信号で「初登頂おめでとう」の信号を送ってく
る。                    2009年6月上映
 芝野はアカマ自動車の買収の気配を察知する。かつて
の盟友鷲津に助けを求める。
一方、中国では劉一華が上司から「日本を買い叩け!」
といわれる。劉には小さいころ見た自分の故郷の貧しい
村に赤い車が疾走したのを覚えている。劉は自分が残
留孤児の日本人の子だという立場で「日本のために協
力したい」と言葉巧みにアカマ自動車に買収を持ちかけ
る。 銀行のアカマに対する融資の額が不足とわかると
鷲津は中東に飛ぶ。石油王に投資を持ちかける。同時
に劉の周辺を調べる。中国に行ったものから劉本人は
村にいる。日本にいる劉は偽者であるという。
鷲津は劉に「お前は誰だ」と尋ねる。劉は「俺はお前だ」
という。やがて資金は中国政府から出ていることがわか
るが鷲津がアメリカのマーケットを動かし、やがて中国が
手を引く。劉の言葉に乗った
社長は失墜する。鷲津の手腕でアカマ自動車は救われ
る。
 2009年6月上映
  「ハゲタカ」
 大友啓史監督
 大森南朋 玉山鉄二 栗山千明 柴田恭兵

「アイ カム ウィズ ザ レイン」
トラン・アン・ユン監督
木村拓哉 イ・ビョンホン ジョシュ・ハートネット ショーン・ユー

 世界の製薬王の息子シタオがフィリピンのミンダナオ島で
孤児のために奔走しているが、2回目の金の無心の後連
が取れない。シタオの父は元刑事のクラインに探すよう依
頼する。ロサンゼルスからフィリピンに飛ぶ。島民からの情
報ではシタオは3人の男に連れ去られもう死んでいるとい
う。 クラインは香港に行く。シタオに似た青年を見つけて
追う。
香港マフィアのボスの恋人リリが連れ去られる。途中連れ
去った男は射殺されるが、リリはシタオに助けられジャング
ルの中の小屋で介抱される。
リリは薬物中毒で苦しむがシタオのおかげで直る。
クラインは警察を辞めるきっかけになった遺体を食べると
いう芸術家を思い出す。クラインは芸術家を射殺してしまっ
た。地獄を見たクラインは怖いものはない。マフィアのボス
に会う。シタオがいる場所に向かう。シタオは島民の傷を
癒すために抱きしめる。その傷は自分にのり移り、島民は
命を救われる。
シタオは一時苦しむが程なく直る。しかし、再び訪ねてきた
リリがシタオと一緒にいるところを見てマフィアのボスは彼
を銃で撃つ。そして、板にキリストと同じように両手を釘で打
ちつける。シタオは以前にも銃で撃たれが、奇跡的に生き
返っていた。
今度も血まみれになり蛆虫がたかっているシタオ。クライン
は草むらに彼を見つける。
    2009年6月上映
 
      
 「ROOKIES 卒業」   平川雄一朗監督   2009年5月上映
佐藤隆太 市原隼人 小出恵介 城田優 中尾明慶 高岡蒼甫 桐谷健太 佐藤健 五十嵐隼士 川村陽介 ほか

二子玉川学園高校野球部に2人の新人が入る。一人は赤星は外国でプレーする夢を持っている。もう一人は補欠の
平塚の大嘘を信じて入った部員である。平塚が本当は弱いことを知るが川藤先生の「平塚もエースだ」という言葉に
思い直す。
  「甲子園に行く」という目的を持って東京予選を勝ち抜いていく。決勝で笹崎高校と対戦する。笹崎のピッチャーは
中学のとき、安仁屋を三振にした相手である。さすがに球も変化球が決まり速い。皆は戸惑うが徐々にあたり始める。
そんな時、キャッチャーの若菜が手を怪我をしていることを知る。新庄が若菜の負傷を川藤に告げる。先日まで入院し
ていたキャップテンの御子柴がキャッチャーとして入る。あと2回。「最後まで信じていけ」という川藤の励ましで皆は奮
起する。前校長も見守る中キャップテンの御子柴の打った球はホームランになる。9回裏、安仁屋は2アウトのあと、
あと1球というところで涙があふれ泣き出してしまうが、最後まで健闘する。卒業式の日、皆は心から感謝の言葉を教
師に述べることが出来た。
「60歳のラブレター」
深川栄洋監督
中村雅俊 原田美枝子 イッセー尾形 綾戸智恵 井上順
戸田恵子

 9万人が書いた愛の手紙の中から3通のラブレターの映画化
中村雅俊扮する夫婦は夫の定年を機に離婚する。夫は愛人宅へ行く。企業戦士としてバリバリ働き家庭は顧みなかった。
妻は離婚後、家政婦となり戸田恵子扮する翻訳家の家に行く。
翻訳家は井上順扮する医師へ思いを寄せいている。医師には中学生の子がいた。
 魚屋の夫婦は夫が糖尿病で通院していたが、妻の病気が見つかり急遽手術することに。妻は夫が毎日除いていたウインドウのギターを買って押入れに隠していた。入院中ギターを見つけ、添えられていた手紙を見て夫は泣く。
 新婚旅行に行った四国の写真屋から30年後に届けられた当時のラブレターを見て企業戦士は自分の間違いに気づく。
 医師は娘が彼女に託した英語の手紙を持って翻訳家のところへいく。手紙には父の翻訳家に対する気持ちが書かれていた。2009年5月上映
「グラン・トリノ」
クリント・イーストウッド監督/主演
ビー・ヴァン(タオの役) アニーハート(姉の役)

妻が死んだ葬儀の日、隣に引っ越してきた東洋人の家族。
妻の死後、退役軍人の彼は犬と暮していた。1970代のグラン・トリノという車を大切にし今も乗っている。その車を狙って、隣の家の悪い親戚がおとなしいタオをけしかける。
車に近づいたところで見つかりそそのかした仲間は追い払われる。家族はそれを知り、お詫びに何か手伝わせてほしいという。弱弱しそうな青年を見て男は、ペンキ塗りをさせたり、仕事の世話をしてやる。しかし、いつも悪い仲間に狙われていることを知り、一度はその仲間を脅すが反対にタオの姉が乱暴され家に銃弾が打ち込まれた。男は意を決してその仲間の家を訪れる。銃を向ける仲間たちにライターを出そうと胸に手を入れた時、一斉に銃弾を浴び死ぬ。
彼はときどき血を吐いていた。仲間の家に行く前に床屋に行き、牧師に会い懺悔し、正装し丸腰で出かけた。覚悟を決めていたのだろう。遺言により彼の大切にしていた車グラントリノはタオのものになる。
2009年5月上映 
「スラムドッグ$ミリオネア」
ダニー・ボイル監督 出演 デヴ・パテル アニル・カプールほか

 ムンバイのスライム街で育った青年ジャマールが幼い頃出会いずっと彼の心の奥にあった少女ラティカへの思いがクイズに出ようとしたきっかけだった。電話交換手のお茶くみを仕事とするジャマールが次々に正解していくことに不審に思った司会者は最後の1問が翌日に回されると、彼を警察に引き渡してしまう。拷問を受けるが彼は翌日釈放され、再びクイズに挑戦する。最後の1問、正解すれば2000万ルピー(日本円で4000万円、但しこの国では20万円で家が建つという)
幼い頃、ジャマールの目の前で母が異教徒に殺される。ある男の世話になるが、子どもに悪どく稼がせる悪党だった。
ジャマールは兄と脱走し電車の屋根によじ登りインドに向かう。観光地の案内や物売りで成長する。偶然ラティカに出会うが男に見張られた生活をしていた。ラティカを救うために立ち上がる。
クイズは彼の生きてきた過程にヒントがあり正解を続けた。
2009年5月上映
「ある公爵夫人の生涯」
ソウル・ディブ 監督 出演=キーラ・ナイトレイ レイフ・ファインズ
シャーロット・ランブリング ヘイレイ・アトウェルほか

 1774年、英国で17歳でデヴォンジャー公爵と結婚したジョージアナ・スペンサーは、知性と美貌で英国中の人々から愛されていた。だが、結婚生活は愛のないものだった。夫は子孫を残すためだけに接し会話も少なかった。パーティで知り合ったレディ・エリザベスと意気投合したジョージアは城に彼女を招く。ところが、エリザベスは夫とベットを共にする。激怒したジョージアは彼女を追い出すように夫に言うが聞き入れない。ジョージアは議員のチャールズ・グレイと恋仲になる。身ごもったジョージアは別荘で子を産んだ後、子はグレイの家に引き取られる。自分の愛よりも4人の子どもたちのために生きようと決心をする。
エリザベスと、夫と自分の3人が同居する奇妙な生活を生涯続ける。ジョージアの死後、遺言によりエリザベスは公爵と結婚する。
2009年4月上映
「釣りキチ三平」
滝田洋二郎監督 矢口高雄原作
須賀健太 塚本高史 香椎由宇 渡瀬恒彦 ほか

 三平は両親を事故で失った後一平じいちゃんと暮してい
た。毎日毎日釣りをしていた。釣り大会でも三平は難なく1
位になってしまう。そんな三平を橋の上から見ていた青年
は、三平に興味を持つ。不審に思った警官が青年に近づく
と外国で活躍する有名な釣り名人と分かる。夜泣き谷の巨
大魚の話をしたあと、青年と一平と三平と三平の姉とで出
かける。道のない山の中を登っていく。崖の上の湖に棲む
巨大魚は昔マタギが熊狩りの際の食用として稚魚を放して
いたものが成長したものだろう。
死んだ三平の父から巨大魚のことを聞いていた三平は絶
対釣ると意気込む。架かった巨大魚は黄金色に輝いてい
た。水中に沈んだ三平を心配した姉は糸を手繰る。三平は
巨大魚の背に乗って浮上してきた。三平は執念で魚を追っ
ていた。
魚は再び湖に戻される。負けた三平は姉との東京に連れ
て行くという約束に覚悟を決めるが、三平にここで暮すよう
に言う。           2009年3月上映
    2008年
「闇の子供たち」
阪本順治監督、江口洋介、宮崎あおい、妻夫木聡、佐藤浩市

タイで幼児売春や麻酔をかけられて生きたまま臓器を摘出され臓器売買される子供たち。貧しいがゆえに8歳で働きに出される子供。しかし、子ども達は幼くして売春の対象となり、日本人や西洋人の子供を救うために臓器として売られる。エイズにかかった子はゴミと一緒に黒いビニールに入れられて捨てられる。
新聞記者の南部とNGO職員としてタイに来た恵子。南部はありのままを伝えようとする。恵子は子供を救おうと躍起になる。
集会の最中に暴動が起き、臓器売買、売春の訴えはめちゃくちゃになる。日本からわが子を救おうと心臓移植に来る親子。
タイで移植するということはタイの子が一人命を落とすことになる。アメリカでの移植を奨める恵子。余命わずかなわが子にこれ以上の順番は待てない。 梁石日の原作  2008年10月上映
「エリザベス ゴールデン・エイジ」
シェカール・カプール:監督
ケイト・ブランシェット ジェフリー・ラッシュ クライヴ・オーウェン アビー・コーニッシュ サマンサ・モートン
               2008年2月上映
 1585年エリザベス1世は、25歳で女王になる。独身の女王に航海士ウオルター・ローリーが目に留まる。女王は侍女のベスにローリーの相手をさせる。やがてベスはローリーの子を身ごもる。怒ったエリザベスは2人に出て行くように言い渡す。が、国の外はスペイン軍がイングランドを攻める帆船で包囲網が出来ていた。エリザベスは自ら甲冑を身に付け白馬に乗り闘う意欲を見せる。ローリーはスペインの包囲網を打破するために燃え盛る帆船をスペイン軍に向けて突進させる。スペイン軍は引き上げる。エリザベスは自分を銃殺しようとする男と対峙する。空砲で救われるが、陰謀を企てた者達は処刑される。
国家と共に一生を捧げると誓ったエリザベスであった。
「母べえ」
山田洋次:監督
野上照代「父へのレクイエム」:原作
吉永小百合 浅野忠信 壇れい 志田未来 佐藤未来 鶴瓶

昭和15年、大学教授の父はまだ夜が明けぬとき、いきなり踏み込まれた刑事によって捕らえられた。翻訳をしていた父への言論統制である。家賃が3ヶ月滞って苦しい中、母は娘二人を励ました。そこへ父の大学の後輩の山ちゃんが何かと面倒を見てくれる。母の妹も大学の帰りに寄ってくれる。奈良からおじさんがやって来て居候する。母は小学校の代用教員になる。父は拘置所に移されるが、やがて栄養失調で死ぬ。山ちゃんも戦争に行き乗船していた船が襲撃され戦死する。
    2008年1月 上映
「マリと子犬の物語」
猪股隆一:監督
船越英一郎 松本明子 広田亮平 佐々木麻緒 高嶋政伸

2004年10月23日に起きた地震。新潟県の山古志村で全村避難になった。犬のマリを飼い始め子犬が3匹産まれたが置いていかなければならなくなった。避難所を抜け出した兄妹は村に行こうとする。兄妹は父親が探し出し無事に保護される。 一時帰宅が許され、一家に一人が戻れる。兄妹は近所の好意で代理帰宅できた。ヘリで山古志村に戻ると犬のマリを探した。マリは子犬たちとたくましく生きていた。
     2008年1月 上映
   2007年
「HERO」
鈴木雅之:監督  
木村拓哉 松たか子 大塚寧々 阿部寛

 自動販売機前で殴り倒し人を殺した男が既に犯行を認めていたが、一転して無実を主張した。弁護士はベテランでてごわいが久利生公平は意欲を燃やし、徹底的に物証を見つける努力をする。今回は韓国へ送られた黒いワゴン車を探しに乗り込む。
事件の裏に大きな事件が絡んでいた。大臣の収賄疑惑がうかぶが、久利生は、死んだ被害者の人権を考え、権力に屈せず立ち向かう。同僚も必死に証拠集めに協力をする。
     2007年9月 上映
「殯(もがり)の森」

河瀬直美 監督・脚本
うだしげき 尾野真千子 渡辺真起子 斉藤陽一郎

 新米の介護士と認知症の高齢者の男性が、グループホームで習字をしていると真千子と書いた介護士の習字を男性の高齢者が自分の筆で千を消す。「真子」だという。真子は男性の妻の名だ。住職が故人が33回忌をむかえると仏様から神様になるという。
男性のリュックに手を掛けた途端に突き飛ばされる介護士。次の日男性と介護士は車で出かける。途中エンコし助けを求めに行った隙に男性は森の中に逃げる。介護士は男性を見つけ森の中をさまよう。妻の墓標を見つける。穴を掘りそこへ男性はリュックから日記を取り出し並べる。そしてねむいとその場所に眠る。介護士はなぜか泣いている。 2007年7月上映
「東京タワー」 オカンとボクと時々オトン

リリー・フランキー原作  松岡 錠司 監督
オダギリジョー 樹木希林  内田也哉子 松たか子 小林薫   2007年5月上映
 僕が3歳のとき、母は僕を連れて母の故郷で暮らした。父とは長い休みの時に会っていた。母は小料理屋で働きながら僕を東京の大学に通わせてくれた。母のお守りは僕の大学の卒業証書だった。僕はぶらぶらしていたが思い立ってがむしゃらに働いた。そこへ、母が癌だと教えられる。母に上京して僕と一緒に住もうという。母はやってきた。毎日僕の仲間も加わり大勢での食事をした。やがて母は癌のために入院をする。恋人だった女性も見舞ってくれた。病室から東京タワーがみえた。退院したら東京タワーに行こうと約束した。田舎からオトンもやってきて見舞ってくれた。母は急変し父と僕で葬式を出した。
母の位牌を胸に僕は恋人だった彼女と東京タワーに昇る。
      
「約束の旅路」
Va.Vis Et Deviens
行け 生きろ 生まれ変われ 

シュロモ:
 モ・シェ・アガザイ(幼年)
シラク・M・サバハ(青年)

養父:ロシュディ・ゼム
養母:ヤエル・アベカシズ


2007年5月上映
 家族が母と2人だけになったエチオピアの9歳の少年。スーダンの難民キャンプでイスラエル政府が行った1984年のスーダン難民の中からエチオピア系ユダヤ人をイスラエルに移送するモーゼ作戦に母は息子に行けという。「行きなさい、生きて何かになるのよ」という。泣きながら息子はイスラエル行きの飛行機に乗る。息子を失ったハナという女性の子として名前をシュロモと名乗った。しかしハナはまもなく病死する。イスラエルで養父母に引き取られる。学校でシュロモへの差別を知った養母は皆の前でシュロモの顔をなめ「息子は世界で一番美しい子だ。学校はやめない!」と叫ぶ。シュロモは勉強が出来た。しかしいつも思いつめていた。青年になり恋人サラの家を訪ねるが父親に追い返される。シュロモは医師になるためにパリに行く。卒業後、兵役を務めた際に負傷し入院する。養父母とサラが見舞う。養母はサラに結婚を申し込むよう言う。二人は結婚する。シュロモは自分の秘密を話す。ユダヤ人ではないことを。そして、医師として難民キャンプ場に行く。そこに老いた母の姿を見つける。
「ツォツィ」

監督・脚本
ギャヴィン・フット

原作
アソル・フガート著
「ツォツィ」青山書房

ツォツィ:プレスリー・チュエニヤハエ
ミリアム:テリー・ベート
アーブ:ケネス・ンコースィ
ボストン:モツフィ・マッハーノ


 仲間と金を持った男性をつけ電車の中で金を奪った。男は刃物で刺して殺した。ツォツィと呼ばれる男。本名は誰も知らない。ツォツィとは不良という意味である。仲間のうち先生とよばれるボストンにそのことを問われ殴ってしまう。
 雨の日、ツォツィは金持ちの家の前で車を盗む。車には赤ちゃんがいた。ツォツィは紙袋にいれ自宅に連れて行く。
オムツ代わりに新聞紙をあてがったり、コンデンスミルクを与えたりした。スラム街で小さい子を持つ女性ミリアムの後をつけ、赤ちゃんに母乳を与えてもらう。ミリアムは授乳しながら赤ちゃんに話しかける姿を見て、ツォツィは子どもの頃を思い出す。 南アフリカでツォツィは生まれた。母はエイズにかかって寝ていた。父はその母に子どもが近づくことを制した。ツォツィは父から逃げるように家を出てスラム街の土管で生活をした。まだ10歳ぐらいの時である。
 ツォツィは再び金持ちの家に入りミルクと哺乳瓶を盗み出す。その際に主に銃を向けた友を撃ち殺す。
 ミリアムから赤ちゃんを誘拐したこと、その母親が足を負傷したことを聞く。赤ちゃんを帰すよう言われる。ツォツイは返しに行く。
 銃を持った警官に囲まれるが、主の「これ以上、人を殺してはいけない」という言葉に警官が従う。 2007年5月上映
「蒼き狼〜地果て海尽きるまで〜」
澤井信一郎監督 原作:森村誠一 角川春樹プロデューサー
反町隆史 若村麻由美 菊川怜 袴田吉彦 松山ケンイチ
松方弘樹 津川雅彦
 テムジンは1162年に生まれた。父がタタール族に毒殺される。おまけに妻として迎えたボルテがメルキト族にさらわれる。メルキト族から奪った女を父が妻にした。そして生まれたのがテムジンである。テムジンの部族だけではタタールに立ち向かえない。ケレイト族と組みボルテを取り戻すが、取り戻すまでに時がたち、ボルトは妊娠していた。やがて男の子が産まれる。テムジンはその子を殺そうとするが母から「あなたの父は、血が繋がりなど口にする人ではなかった」と思いとどませる。テムジンは、人種や信仰で差別するのではない世界を作ろうと考えた。モンゴルの統一を考えた。ケレイト族も倒し、幼い頃アンダを誓った親友とも対峙しついにモンゴルの王になった。長男ジュチと金国(北京)を攻めようと思い立つが、ジュチは敵の毒矢で瀕死の状態だった。突き放していたテムジンは、死に行くジュチを抱き泣き叫ぶ。   2007年3月上映
「天国は待ってくれる」
土岐善将監督  原作・脚本:岡田恵和 
井ノ原快彦 岡本綾 津木場俊介 石黒賢 蟹江敬三 
いしだあゆみ   2007年2月上映
 宏樹と薫と武志の3人は子どもの頃から仲良しだった。東京築地に住み、宏樹は新聞記者に薫は銀座のOLに、武志は築地の市場で働いていた。3人の友情がこのまま続くと思われた。
武志は宏樹の目の前で薫にプロポーズする。宏樹はとまどうが、薫におめでとうと言う。ところが指輪を買って戻る武志が交通事故にあう。以来3年、武志は植物状態だった。薫や宏樹が交代で見舞いに来る。そんなある日、武志の母は薫にもういいのではないかという。そして宏樹と薫が結婚の約束をした。その直後武志の意識が戻る。そして二人の結婚を見たいという。ささやかに開かれた結婚式を見ながら、ふたたび武志は意識を失う。
「佐賀のがばいばあちゃん」
倉内均監督  原作・脚本:島田洋七
吉行和子 緒形拳 三宅裕司 工藤夕貴 浅田美代子

 明広が小学校の時から高校入学前まで佐賀のおばあちゃんに預けられた。貧乏でも明るい。腰紐を巻いて鉄くずを拾ってくるおばあちゃんはただでは歩かない。川に竹を横断させ、流れ着いてくる野菜や果物を頂く。豆腐は崩れたものを半額で買う。明広は金のかからない陸上部に入る。走りが早くなり、中学では野球部のキャップテンになった。祖母は喜びスパイクを買ってくれた。母がやっと訪ねてくれた日に明広はマラソンで1位になる。  2007年2月上映
   「幸せのちから」
ガブリエレ・ムッチーノ監督
ウィル・スミス 
ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス

 高性能スキャナーを売り歩くクリスだがなかなか売れない。証券会社のビルから出てくる人は幸せそうだった。
 生活は困窮しアパートの家賃も滞納した。大家は家をペンキを塗るから立ち退くように言う。しかし、出るにも出られない。ペンキを塗っている途中で警官が駐車違反でやってくる。1晩留置された翌日、証券会社の面接日だった。懸命に走って時間に間に合う。正直に留置されたことを話す。そして研修採用されるが、半年間無給だった。その間に妻は出て行き、クリスは5歳の子を連れて教会の列に並びその日泊まる部屋の世話を受けた。公共トイレで寝たこともあった。。子どもにはいつも「あきらめない」ことを教える。そして6ヵ月後、たった一人しか採用されない正社員の道を手に入れることが出来た。    
 2007年2月上映
     「武士の一分」
山田洋次 監督   木村拓哉  壇れい  笹野高史 
坂東三津五郎  桃井かおり  小林念侍

 新之丞は、お毒見役である。ある日、食した貝が当たり倒れる。一命は取り留めたが、目が見えぬようになった。三十石の下級武士である。妻は上級武士の島田に願いに行く。その際に手込めにされる。生活を思うあまり妻は島田の要求を受け入れる。
 妻を不信に思った新之丞は、下働きの男に妻の後をつけさせる。それを知った妻は自ら新之丞に話す。怒った新之丞は妻を離縁する。そして、お毒見役の仲間に自分がこれまでどおり三十石を与えられるに至った経緯を聞きだす。島田が妻をだましたことを知り、見えない目で果し合いを申し込む。
 新之丞は、島田の腕を切り見えなくとも勝つことが出来た。下働きの男は飯炊き女を雇いたいという。許可をした新之丞は、飯の味から妻が戻ったことを知る。  2007年1月上映
   2006年
ありがとう


万田 郁敏 監督


赤井 秀和
田中 好子
薬師丸 ひろ子







2006年11月上映
1995年1月17日午前5時46分 阪神淡路大震災が起こった。まだ明け切らぬ街に激震が襲った。
倒壊した瓦礫の中から助けを求めながら、襲い来る火災に飲まれた人々。
3日間燃え続け、街も道も建物も崩壊した。
古市の住む鷹取商店街も995棟105人が死亡した。
全体では6433人、460,357世帯が倒壊・半壊した。
古市は妻と子を避難するよう指示をしたところで、街の救出に奔走する。古市の写真店も全壊消失した。
仮設住宅に移り、再び仕事を始める妻と娘。しかし古市はなかなか仕事につけなかった。
古市の車が見つかった。車の中にゴルフバックがきれいな形で残っていた。
古市はプロゴルファーのテストを受ける決意をする。
2000人にたった60人しか受からない。
しかし、古市はぎりぎりで合格する。60歳になる少し前だった。
「生かしてもろてんかも、生かしてくれた人に感謝せな」と ありがとう という言葉を手を合わせながら心から発するのだった。
筆子・その愛



山田火砂子 監督

常盤 貴子
市川 笑也
加藤 剛
市原 悦子


2006年11月上映
鹿鳴館の時代、藩士の娘として生まれ留学から帰国した筆子は程なく結婚する。生まれた子どもが千恵遅れだったことから夫婦仲も冷え、筆子は娘を連れて家を出る。筆子には、娘に強く生きてもらうため、あえて一目につく場所に母子で出かける。
周囲の好奇のまなざしにも毅然とし平静を装う。
娘に教育を受けさせようと考えた。石井が貧しい子や障害を持った子が娼婦として売られていくのを悲しみ、その子らを引き取って育てていた。
筆子はその学園に娘を入所させる。石井の考えに賛同した筆子は学園を手伝う。
やがて、二人は結婚する。しかし、学園は子ども等の火遊びから火災になる。
滝乃川にあった日本ではじめての白痴教育(当時の言い方)障害児教育を志した筆子と石井の物語。
花田少年史 幽霊と秘密のトンネル

水田 伸生 監督
大森寿美男 脚本
一色 まこと 原作

須賀 健太
篠原 涼子
西村 雅彦
安藤 希
北村 一輝
杉本 哲太
もたい まさこ


2006年8月上映
 花田一路は、小学校3年生。壮太と共に自転車で遊んでいた。トンネルで幽霊を見たトラックの運転手は、飛び出した一路をはねる。自分が寝ている姿を天空から見つめる一路。天へ向かおうとすると女学生に引き止められる一路。病院でいきなり気がつき命を取り留める。
後頭部に9針の大怪我だった。しかし、元気に回復したが、一路は死んだ人が見えるようになった。
吉川のばあちゃんが犬の面倒を見てほしいと言ってくる。ばあちゃんは死んでもう面倒は見られないという。
一路の夢の中に黒い背広の男が出てくる。お前のお母さんと結婚するはずだったという。一路は父が本当の父か疑う。そこへ吉川のばあちゃんが10年前の渋谷に連れて行ってくれる。ギターを引いて歌を歌っている母。それを見つめるロングへヤーの父。弁護士の男は母に遺産を受領するようにすすめる。そこへ女の子を連れた女性が子だけを置いていく。弁護士の子だという。熱が出た女の子。しかし弁護士は部屋を出て行く。女の子は死んだ。それが自分だと女学生は言う。
 昔、壮太の父と一路の父は荒れる海で遭難し、一路の父だけが助かる。壮太は、父を見捨てたことで一路を責める。壮太の父はそうではないと一路に告げる。
釣りバカ日誌 17   朝原雄三 監督(14話から)

三國連太郎 西田敏行 石田ゆり子 大泉洋ほか

 営業三課に再雇用でやってきた弓子は、元は社長秘書だった。しかし、弓子がさびしそうな表情を見せる。高学歴高収入の彼と壽退社したのに。浜ちゃんの家で弓子は2年前に離婚したと話す。舟屋の八郎は、弓子に一目ぼれするが、弓子の近所に住む美術の教師も弓子に好意を持っていた。輪島に行くことになった浜ちゃんと社長。その輪島の出身だった弓子は祭りの日に美術の教師を伴って帰郷する。そこで浜ちゃんとばったり出会う。
  2006年8月上映
ゲド戦記     2006年7月上映
宮崎吾朗 監督  アーシュラ・K.ル=グウィン原作
宮崎吾朗・丹羽圭子脚本  声 岡田准一 手嶌葵 菅原文太 風吹ジュン 田中裕子
 アレンは父を刺し城を出た。ハイタカに出会い、テナーの家で世話になる。テナーにはテルーという女の子がいた。死ぬことを恐れるクモという魔法使いが、今は大賢人と呼ばれるハイタカに敵意をもっていた。テナーがさらわれクモの館にいくハイタカ。テルーはアランの剣を持ってクモの館に向かう。魔法でクモの館が崩れていく。
アランもテルーも危険が迫っていた。
パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト

ゴア・バービンスキー 監督
ジェリー・ブラッカイマー 製作
テッド・エリオット 脚本

ジョニー・デップ
オーランド・ブルーム 
キーラ・ナイトレイ 
ビル・ナイ


2006年7月上映
 結婚式の当日、エリザベスとウィル・ターナーは投獄される。海賊のジャック・スパロウを逃がした罪である。
新郎のウィル・ターナーは、ジャックが持っているコンパスを盗んでくるように言われ解き放たれる。
 ジャックにようやく会えた。しかし、別の不気味な海賊に狙われる。そして、その海賊船に捕まったウィル・ターナーは、そこで父親に出会う。父親は船底で身体に貝が住みついていた。父親の助けでウィル・ターナーは、ジャックの元に戻れるが、上陸した島で土人たちに追いかけられる。
 エリザベスも男装して船に乗り、ウィル・ターナーを探す。ジャックは、鍵の絵を持っていた。それは敵の船長が生きた心臓を入れた箱の鍵だという。その箱は島にあった。見つけたところで敵に追われる。
 船に戻ったが、敵の大タコの足に殴り飛ばされて仲間が次々にやられる。エリザベスは色仕掛けでジャックを船に縛り、自分達は小船で脱出する。目の前で船は大タコにやられて沈んでいく。
 ゆれる          2006年7月上映

西川美和 監督  オダギリジョー  香川照之
木村祐一 伊武雅刀  蟹江敬三

 母の法要で田舎へ帰った猛は、翌日兄と智恵子と3人で蓮美渓谷へ行く。弟が目を話した隙に、智恵子が橋の上から落ちる。事故なのか。
誤って落ちた、助けようとしたという兄。弁護士の叔父が事故へ持っていこうとする中、前日、面会の時に兄が発した言葉に立腹した弟は真面目な兄を取り戻したいと別の証言をする。それは兄が7年の刑に服することになった。母が残した8ミリを見た弟の猛は仲の良かった時代を見て泣く。猛は兄の出所を迎えに行くが、兄はバスで家とは違う方向へ向かっていた。「おにいちゃん、家へ帰ろうよ!」と猛は叫ぶ。
日本沈没


樋口真嗣監督
小松左京原作
草g 剛
柴崎コウ
豊川悦司
大地真央
及川光博


2006年7月上映
 地球科学博士・田所雄介は、わだつみ6000で深海の調査の結果、日本列島はわずか1年後に沈没することがわかった。最初に北海道が、続いて九州が沈む。東海プレートとぶつかるもう一つのプレート。富士山の大爆発を抑える為、同僚パイロットの結城は、深海で爆発を起こし、地上での爆発を回避させるためにもぐるが通信が途絶える。東京消防庁のレスキュー隊の女性を思う小野寺は、日本列島の終焉を前にイギリスに行くつもりでいた。1億2000万の日本人の史上最大の国難。文部科学省大臣は九州上空で行方不明になった首相のかわりに、日本人の避難先の確保の指揮にあたる。
小野寺はひとりでも多くの人を救おうとするレスキュー隊の彼女に触発され、今、自分がやらなければならない仕事にめざめ、旧式の深海2000で4000メートルの海底に潜る。
バルトの楽園


出目昌伸監督
松平健
ブルーノ・ガンツ
阿部寛
高島礼子




2006年7月上映
 第一次世界大戦で日本軍が青島で戦った際の捕虜としてドイツ兵を久留米の収容所に送った。収容所では、みずみが出るなどの劣悪な上に、厳しい状態にあった。
2年後、彼らは徳島県の坂東収容所に移された。
 坂東収容所では、彼らを楽団を持って迎えた。そして所長の「収容所は刑務所ではない。」という考えのもと、自由に振舞うことが出来た。所長は、ドイツ人の持てる力を村の中学校にも還元した。卓越した体操や音楽を教えてもらうことにした。部下の中には余りにも甘いという意見が出たが、所長は広い心でドイツ人たちに村の生活を楽しんでもらった。2年後、ドイツは戦争に負け、ドイツ人たちとも別れることに。ドイツ人は、収容所に村人を集めベートーベンの第九を演奏する。

サイレント・ヒル

クリストフ・ガンズ 監督
ロジャー・エイヴァリー脚本
ラダ・ミッチェル(ローズ役)
ジョーン・ビーン(夫役)
ジョテル・フェルランド(シャロン役)



2006年7月上映
娘のシャロンが夢遊病で高い滝の上にいた。母のローズと父親はシャロンを見つける。覗くと身震いしそうな深い谷の近くだった。シャロンは「サイレントヒル」とつぶやく。
母のローズは娘をサイレントヒルに連れて行く。サイレントヒルは30年前に大火災を起こし多数の犠牲者を出し、今は廃墟になっている。
町に向かうゲートを突き破って車は止まる。ローズは失神する。気がつくと娘のシャロンがいない。ローズはサイレントヒルの町の中にシャロンを探しに行く。
婦人警官が追いかけてくる。人影を発見した。少し精神のおかしくなったような女性だった。娘が殺されたと言う。ローズはシャロンの写真を見せると女性は自分の娘だと言う。シャロンは学校、ホテルと探し回る。
ときどき、得体の知れない生き物が襲い掛かる。
教会にいくと悪魔が教会の地下深くにいると言う。シャロンを探すためにローズは、地下に向かう。
 カーズ  ディズニー映画 ジョン・ラセター監督

 人間と同じように車が生活をしている世界の物語。
ライトニング・マックィーンは、カーレーサーである。レース場に向かう途中にアクシデントで田舎町に迷い込む。この町に来るまでの間に道をデコボコにしてしまった。町人は道を直すまで先を急ぐことを許さない。道を直し、町の人と触れ合ううちにマックィーンの気持ちが変わる。レースには間に合うが故障した車を後押ししてしまう。観衆は沸いた。町の人達も応援に来てくれた。      2006年7月上映
不撓不屈

森川時久 監督
高杉良 原作
竹山 洋 脚本

滝田栄
松坂慶子
三田村邦彦
田山涼成
中村梅雀

2006年7月上映
 戦後まもなく、税理士飯塚毅は、国税局から家宅捜査を受ける。鹿沼市と東京にも事務所を持っていた。さらに、顧客600件の捜査も行われた。飯塚の別段賞与が脱税と疑われた。飯塚は「一円たりとも税金の取りすぎ、とり足らざる税金もない。」を信念にしていた。妻も夫を信じる。
 国会でも社会党の岡本忠五郎がこの問題を国の弾圧だと行き過ぎを問いただす。しかし、国税局は職員4人を逮捕した。証拠もなく保釈された4人は飯塚事務所をやめたいと言う。飯塚は4人が独立し、顧客を持っていってよいから頑張るようにいう。
 国税局が病院の課税をもみ消した疑惑が持たれる。結局、飯塚は、別段賞与が脱税とされないうやむやなうちに終結となる。昭和45年の終結まで7年を要した。
 
かもめ食堂


荻上直子 監督・脚本
群ようこ 原作

小林聡美
片桐はいり
もたいまさこ

2006年5月上映
 フィンランドのヘルシンキで、おにぎりをメインにした食堂が開店した。なかなかお客が入らない。そこへ訳ありそうな日本人女性を自宅に泊めた。女性は店を手伝いたいと言う。そのうち若い男性が一人毎日やってくる。サービスにコーヒーを出す。ポツポツと席が埋まるようになった。
荷物が届かないと言う日本人女性も来る。2人が店を手伝ってくれる。店の前で、睨み付ける女性。気になる。やがて、女性は夫が出て行った後に、犬に似た店主が気になって覗いていたという。店はやがて満席になる。おにぎりも注文にあがる。
LIMIT OF LOVE 海猿

羽住英一郎監督
佐藤秀峰原作
伊藤英明
加藤あい
大塚寧々
吹越満
時任三郎
石黒賢
美木良介






2006年6月上映
 鹿児島沖3キロのところで大型フェリーが座礁した。
乗客は620名。船は徐々に傾きはじめる。ほぼ全員が脱出したと見られたが、人命救助のエキスパートである潜水士の大輔と吉岡、それに妊婦と車の仲介業をする男が取り残された。4人がいるところは、うまい脱出ルートが見つからない。1分30秒もぐって別の場所に移った。ここも危ない。外に脱出するには爆発で火災が発生した場所の近くである。
丘からも隊長たちが見守る。
 この事故の前に、大輔にウエディングドレスを見せに来た恋人は、そのウエディングドレスも海に沈んでしまった。乗客は手ぶらで脱出したのだった。船が傾いた折、残された誰かの携帯で、大輔は恋人に連絡をした。しかし、船は沈んだ。 突如、救助隊は、救助の許可を求め、次々に海に向かう。潜水士たちが潜った先に、3人を見つける。吉岡は足をとられ別の場所にいた。船が沈んでも空気の残る船内にいた。無事、4人が救出される。

花よりもなほ


是枝裕和 監督
  

岡田准一
宮沢りえ
古田新太
國村隼
中村嘉葎雄
原田芳雄
香川照之
木村裕一

2006年6月上映
 松本から仇討ちのために江戸へ出てきた青木宗左衛門は、貧乏長屋に越してきた。
 長屋には男の子を連れた未亡人がいた。青木に仇の情報を提供するふりをして金をたかるものもいる。皆、貧乏だった。
 やがて、青木は仇の金沢十兵衛を見つける。しかし、金沢は武士を捨て人夫をし、妻子を養っていた。
 青木は、近所の子を集めて寺子屋を開く。江戸は元禄15年。赤穂浪士の仇討ちの噂も飛び交っていた。
 花見のおりに芝居で本物の武士が助太刀に入り、青木は逃げてしまい、剣は弱いことを皆に知られてしまう。
 やがて、青木は仇を討たない人生もあると知ってしまった。





嫌われ松子の一生


中島哲也 監督・脚本
山田宗樹 原作

中谷美紀
瑛太
伊勢谷友介
香川照之
市川実日子ほか


2006年6月上映
 昭和22年に川尻家の長女として福岡県に生まれた松子(中谷)。しかし、23歳の時、中学校の教師として修学旅行先で盗難事件がある。お金がなくなった。松子はつい自分が盗ったという。それが原因で学校を辞める羽目になる。その後作家志望の男と同棲。岡野との不倫が元で追い出される。
25歳で中州のソープ嬢になり、裏切った男を殺害、自殺未遂を起こす。東京に行き、理髪店の男と同棲。逮捕される。
8年の服役後出所。ヤクザになった教え子龍と再会。龍はお金を取ったのは自分だといった。
龍が逮捕された後、40を過ぎた松子は、ボロアパートに住み、掃除もしない部屋で自らも臭いニオイを発しながら、いきる。引きこもりが続く。
隣の男が川を見て泣いていたと話す。
松子53歳で河川敷で死体となって発見される。
田舎から兄(香川)が出てきて、遺骨を引き取る。兄の子は、松子のことを調べる。隣の男(ゴリエ)が教えてくれる。
ダ・ヴィンチコード


ロン・ハワード監督
トム・ハンクス
オドレイ・トトゥ
イアン・マッケラン
アルフレッド・モリナ
ジャン・レノ




2006年6月上映
 講演のためパリを訪れていたハーヴァード大学教授のラングドンは、フランス司法警察のファーシュ警部に深夜に突然呼ばれ、ルーブル美術館に連れ出される。
 美術館長のソニエールが殺された。捜査に協力して欲しいとの要請を受ける。しかし、ラングドンは容疑者にされていた。
 ソニエールの孫娘で、暗号解読者のソフィーが現れる。ソフィーは、現場の写真を見て、祖父
が自分だけに分かる暗号を残したことに気付く。
 ソフィーとラングドンは逃げる。
 キリストは、実は子孫を残していたという。それが、ソフィーなのか。





明日の記憶


堤幸彦監督

渡辺謙
樋口可南子
坂口憲
田辺誠一
ほか









2006年5月上映
 広告代理店に勤める佐伯は今年50歳。最近、物忘れが多くなった。大事な会議を忘れる。会議中も別のことが気になっている。妻は、そんな夫を見て病院にいくことを勧める。夫婦で病院にいく。医師から若年性アルツハイマーであると告げられる。そして、徐々に進行していくと。上司に相談する。上司はすぐにやめるように言うが、娘の結婚までは現役でいたい。降格して別の部署に移る。
娘には病気のことは内緒にしていた。佐伯は、懸命に親としての謝辞を用意していたが、当日そのメモを忘れる。しかし、親としての気持ちを訴え招待者を感動させる。
やがて退職する。
自宅にいて、今度は妻が働きの出る。妻はメモをたくさんあちこちにはり、夫が忘れないように気を配る。
しかし、夫はだんだん自暴になり妻を困らせる。ある日、夜になっても帰ってこない夫。夫は妻と知り合う時に行った陶芸教室に行っていた。妻は夫を迎えに陶芸教室に向かう。しかし、あちらからやってくる夫は妻に出会っても他人のようだった。妻は泣く。夫は振り返り「駅のほうに行くけど・・」と一緒に行くことを促す。妻は夫の後ろから歩きながら涙をこらえる。夫はホスピスに入所する。もう、妻が誰なのかわからない。
県庁の星


西谷弘 監督
桂望実 原作

織田裕二
柴咲コウ
井川比佐志
中山仁
酒井和歌子
石坂浩二




2006年2月上映
 県庁のエリートの野村は入庁9年目。マニュアルを作ることに長けていた。その野村が民間研修で田舎のスーパーに行くことになった。自分を研修してくれるのは、パートの二宮だと言う。マニュアルもなく、スーパーの裏では消費者に知られたくないこともやっていた。野村は、早速に改革をもくろむ。しかし、スーパーで働く人達との対立が起こる。徐々に人々と和合してくる。
 自分がやるとおもったプロジェクトからはずされていた。やりたいとおもった野村は上司に嘆願するが、「お前はもう要らない。」といわれる。そこへ、二宮が「今、県庁さんの力がスーパーには必要だ」と頼まれる。スーパーは、保健所や消防署が査察に入っていた。野村のおかげで、なんとか切り抜けることが出来る。
 野村は議会で「行政改革は、制度や組織を変えることではなく、そこに生きる人間たちの意識を変えることだ」という。野村はエリートからはずれ、生活福祉課のワーカーとして自転車で回る仕事についた。野村の意識を変えたものには、二宮の女手一つで男の子を育てる姿勢の影響があった。

博士の愛した数式


小泉堯史 監督 脚本
小川洋子 原作

寺尾聡 
深津絵里
浅丘ルリ子
井川比佐志

2006年月上映
 シングルマザーの家政婦(深津)が、派遣された家は、博士(寺尾)と別棟に博士の兄嫁(浅丘)が住んでいた。
博士の記憶が80分しか持たない。何度も同じことを言う。あちこちに紙切れを貼り付けている。家政婦には10歳の男の子がいた。それを知った博士は、一人で留守番をさせてはいけないと博士の家に呼ぶ。10歳の男の子はルート(後に吉岡秀隆)と呼ばれた。
 博士は長いこと外を歩いていなかった。家政婦が連れ出す。野球を見て、江夏や阪神のことを話す。
 窓から、親子のように楽しげな様子を見ている兄嫁。博士が熱を出したことから、その家に泊まった家政婦は、一時派遣を停められてしまう。が、家政婦の息子は変わらず、下校の際に博士のうちに寄っていた。
 再び派遣が出来るようになった。
 月日が流れ、数学の教師になった息子(吉岡)は、自分が赴任した学校で、自己紹介の折に博士にルートを呼ばれたことや数字のおもしろさを教える。


ALWAYS 三丁目の夕日

山崎貴監督

吉岡秀隆
堤真一
小雪
薬師丸ひろ子
堀北真希



2006年2月上映
 東京タワーが完成する年、昭和33年の物語。
 立派な会社を夢見て上京した六子は、小さな修理工場にびっくりする。鈴木オート社長(堤真一)は六子が自動車修理が得意と言うので雇ったが、実は自転車の修理が得意だった。しかし、妻(薬師丸ひろ子)が六子を明るく迎える。
 近所には茶川龍之介という冒険小説家がいた。飲み屋のロミ(小雪)のところに引き取り手のない淳之介がいた。
龍之介と暮らすことになった淳之介。ロミが食事を作ってくれたりで、3人が仲良く暮らす。
 小説に行き詰った龍之介は、偶然見つけた淳之介のノートを見て、それを盗作してしまう。それを知った淳之介は龍之介に文句を言うが、たしなめられてしまう。
 淳之介のクリスマスプレゼントを買うために龍之介はお金の工面をし、万年筆を贈る。
 淳之介を迎えに黒塗りの車がやってくる。父親に引き取られる。しかし、再び龍之介の前に淳之介が現れる。
 六子は、お正月に社長夫婦が用意してくれた切符で帰省を拒んでいた六子。社長の妻は、六子の母からの手紙を見せる。自分が厄介払いをされたのではないと知り帰省する。  
あらしのよるに

木村 裕一 原作・脚本
杉井ギサブロー 監督

声優
中村獅童
成宮寅貴

2006年2月上映
 嵐の夜、偶然飛び込んだ山小屋で、ヤギのメイとオオカミのガブは、相手が見えないことで話が弾んだ。明日会う約束をする。合言葉は「あらしのよるに」。そして、翌日であった二人はびっくりする。しかし、ふたりは友達として付き合う。やがて、それぞれの仲間に知られるところとなり、二人は逃げる。途中、雪崩に巻き込まれ一人ずつになってしまう。
 ある日、メイがガブを見つける。しかし、ガブは記憶をなくしていた。好物のヤギを食べるのを日伸ばししていたところ、「あらしのよるに」というメイの言葉でガブは記憶が戻る。
ガブは寒さと飢えに堪えながら決してヤギを食べなかった。
私の頭の中の消しゴム

イ・ジェハン/監督・脚本       2005年11月上映
ソン・イェジン(スジン役)  チョン・ウソン(チョルス役)
★あらすじ
 買ったと思ったコーラーを飲んでいた男。おもわず取り上げ飲んでしまったスジン。これがきっかけで知り合う二人。建築家として活躍を始めた夫チョルスとファッションデザイナーの妻スジン。妻のスジンの物忘れが始まった。自ら病院に入院するスジン。夫が訪ねてきても誰か分からない。
若年性アルツハイマーを患う妻と苦悩する夫の物語。